記事

飯舘村「オオカミ信仰」の里で始まった「人と人の交流」の地域再生(下)- 寺島英弥

1/2
田尾陽一さんが佐須に建てた家(筆者撮影、以下同)

 東京電力福島第1原子力発電所事故から、今日、3月11日で、丸8年となる。

 東京からの支援者として福島県飯舘村佐須の人々に出合い、この日を、住民の1人として迎えた人がいる。

 明日の見えぬ避難生活の中で「帰還、帰農」を決意した農家の訴えに共鳴し、仲間となって8年間、放射線禍の克服に挑んできた。「核」の世界との数奇な運命を背負う科学の人と、開拓者精神を受け継ぐ農家との協働の絆が今、オオカミ信仰の山里再生に新しい可能性を開こうとしている――。

原発事故が変えた運命

 オオカミ信仰の里、飯舘村佐須の山津見神社氏子総代、菅野永徳さん(80)の家の隣に、新しい薄茶色の木造住宅ができた。家主は田尾陽一さん(77)。完成した昨年7月から、佐須の新住民として暮らし始めた。

 東京電力福島第1原子力発電所事故による住民避難指示が解除された翌日の2017年4月1日、自宅がある東京から村に住民票を移したが、地元との関わりは、原発事故から3カ月後の2011年6月にさかのぼる。首都圏を中心に、定年世代の元サラリーマンや主婦、現役・OBの研究者、医師ら多様な仲間と共に支援NPO「ふくしま再生の会」を結成し、佐須を拠点に村の人々と協働して環境、生業、生活基盤の再生に挑んできた。

 東京大理学部で高エネルギー物理学(素粒子などの研究)を専攻し、博士課程にいた1968~69年に大学紛争が起きた。東京大学全学共闘会議、大学院全学闘争連合の創設メンバーとなって安田講堂の攻防戦、安保反対闘争、その後の裁判闘争の事務局運営に参加した。大学院中退後は、学習塾経営、岩手県田野畑村との交流活動や長野県鬼無里村(現・長野市)の自然キャンプ開設、パソコン雑誌『RAM』編集長、「セコム」の情報戦略を担うCIO(最高情報責任者)兼CISO(最高情報セキュリティ責任者)を務め、団地の高齢者支援システムづくりなどを手掛けてきた。ヒマラヤやデナリに挑んだ登山家でもある。それだけで波乱万丈の半生といえるが、さらなる大転機が原発事故だった。

 初めて佐須を訪れたのは2011年6月6日。大学院時代などの仲間20人と集って原発事故を議論し、「戦後に人生を歩んだ人間の価値観や知識が根底から問われる事態だ」という意見が一致して、田尾さんら3人が世話人になって「とにかく現地に行ってみなくては」と行動を起こした。

支援者らと田植えをする菅野宗夫さん=2017年5月21日

 常磐道を下って、いわき市から南相馬市、相馬市を経て飯舘村佐須に入り、地元の農家で当時、村農業委員会の会長だった菅野宗夫さん(68)の話を聴いた。

 原発事故後、村には福島県が委託した放射線リスク管理アドバイザーの医学者が相次いで訪れ、不安がる住民に「外ではマスクを着用し、外出後は手を洗うなど基本的な事項さえ守れば、医学的に見て村内で生活することに支障がない」「注意事項を守れば健康に害なく村で生活していけます」などと講演した(同年3月30日『広報いいたてお知らせ版』より)。

 伊達市に避難中の宗夫さんは、自宅で田尾さんらを前に、憤りをにじませて語った。「村は安全であると信じ、私たちは南相馬市、浪江町などの避難者を約1500人も受け入れていた。ところが、4月11日になって政府は突然、村の放射線量が高い、と計画的避難(全村避難)指示の方針を発表した。それまでに、県や村の調査で村内の土壌の放射性物質濃度も、放射線量も、安全な基準を超えていることが分かっていた。学者たちは何の説明もせず、安全か危険か、信頼の物差しは失われた。国も頼りにならない。地域がどうなっているのか、まず自ら測り、自ら調べ、知恵を集めて暮らしと生業を再生する活動をしていくほかない」

 その話し合いから、住民と支援者が協働して継続的な「調査・交流・実験・行動」を行うNPO「ふくしま再生の会」が旗揚げした。活動の拠点として、宗夫さんが佐須の自宅を開放。「現地で課題を発見し、必要なプロジェクトを考え、『この指止まれ』方式で取り組む」という現場主義を掲げ、多彩な経験を持ったボランティアと放射線、土壌、農業工学、医療などの専門家、大学生らが加わり、毎週末、さまざまな道具、機材を持って佐須に集合した。

現場から除染法を模索

「ふくしま再生の会」を筆者が知ったのは2011年9月のこと。当時、参加者は70人に増え、車に線量計を積んでの放射線量分布マップ作り、水系への放射性物質流入の調査、家屋の汚染洗浄や山林除染の実験、作物ごとの放射性物質吸収の違いを調べる試験などに取り組んでいた。

 最優先課題の除染で、国は重機をフル投入して農地の汚染土壌をはぎ取るモデル除染を村内で進めていた。

 一方で宗夫さんと田尾さん、仲間に加わった土壌物理学の専門家、溝口勝東京大教授(大学院農学生命科学研究科)らが目指したのは、自然条件を生かし、ばく大なコストを掛けず、住民が実践できる方法の開発だった。

 その1つが、零下10度以下になる冬の水田の「凍土はぎ取り」だ。2012年1月初め、宗夫さんの自宅前の凍った水田で実験が行われた。小型のショベルカーで、もなかの皮のように凍った土が簡単にはがれ、表土から5センチの深さまで密集しているという放射性セシウムを一気に除去した。仮説通りの成功だった。

農具の田車を押して水田の除染実験=2012年4月14日、飯舘村佐須<

 さらにユニークな実験は、2012年4月の雨の中で行われた。男性メンバーたちが除草の道具である田車を並べ、水田の端から押し進んだ。土と水が攪拌されて泥水が広がる。後からテニスコート・ブラシの一隊が続き、その泥水を押し出す。水田の反対の端に排水口が開けられ、どっと流出していく。泥水は、一時保管の貯水池とした隣の水田に流れ込んだ。「われわれは、田車式除染法と名付けた」と、田尾さんは語った。「表土近くの放射性セシウムを、この方法では、攪拌して巻き上げた泥水ごと外に押し流す」。地元の言葉で「手間暇掛けて」を意味する「までい工法」と後に改名された。

 自走式の除草機に主役を替えたり、泥水を深い溝に貯水して水を干上がらせて埋めたり、アイデアを発展させて実験は重ねられた。宗夫さんは手応えを語った。「2011年は『怒りの1年』だったが、これからは『行動の1年』だ。やれることをどんどん探りたい」

 その後の水田では、稲の試験作付けが行われた。除染実験の成果や、放射性物質の稲への影響を比較検証する狙いだった。村での稲作は「自粛」とされていたが、宗夫さん、田尾さんは農林水産省に掛け合い、「現場のトライ・アンド・エラーであらゆる除染の手立てを試み、効果を確かめる実験を重ねなければならない。チャンスを1年遅らせれば、農業再生や帰還の時期も遅れる」と訴え、同省の研究機関・農研機構との研究協定に基づく実験と認められた。

試験田の田植えの後の「さなぶり」=2012年6月12日

 2012年6月の田植えには、会のメンバーやボランティアら50人余りが首都圏から参加した。宗夫さんは原発事故前のようにお神酒を田に注いで豊作を祈願し、山形県の農家から提供された苗は、昔ながらに手植えされた。田の神とともに皆で食べて飲み、祝う風習の「さなぶり」も復活した。これを喜んだ宗夫さんの父、当時89歳の次男さんは「はるか彼方は相馬の空かよ 相馬恋しや懐かしや」と望郷の『新相馬節』を聞かせ、参加者の喝采を呼んだ。

 その秋に収穫された稲は、連携する東大農学部職員らのグループによって詳しく分析され、筆者は次のような報告を2013年1月31日の『河北新報』に書いた。

〈田尾さんは「土壌から植物にセシウムが移行する量の係数は10%といわれたが、結果は0.2〜0.3%だった。田車方式の除染効果は確か。手法を改善しながら今春、線量の異なる地域でも実験できるよう、また提案したい」と話している。菅野さんは「国が行う生活圏除染だけでなく、住民の生業再生こそが帰村への本来の条件だ。実験の結果を、希望と受け止めたい」と語った〉

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  4. 4

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  6. 6

    アラジン 大半は山寺宏一の手柄

    fujipon

  7. 7

    パチンコ 倒産件数が前年上回る

    MONEYzine

  8. 8

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  9. 9

    年金問題 「国民に謝れ」は煽り

    青山まさゆき

  10. 10

    アベノミクスで望めぬ経済成長

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。