記事

北朝鮮「ミサイル」を正しく怖がることについて

しょせん素人の床屋談義だが、最近の北朝鮮「ミサイル」発射実験への自衛隊の対応とその報道は、なんだか変だと思う。

報道によれば、北朝鮮が打ち上げる予定なのは「人工衛星」ではなく「ミサイル」であり、それが予定進路を外れて日本に落下する場合に備え、イージス艦とパトリオットミサイル部隊を配備したという。イージス艦は3隻が東シナ海と日本海に、パトリオットミサイルは沖縄本島、宮古島、石垣島のほか、東京市ヶ谷の防衛省、陸上自衛隊朝霞訓練場、習志野演習場に配備された。

しかし、「人工衛星ではなくミサイル」という言い回しは変だ。私の理解によれば、「人工衛星」とはロケットの「積荷」のことであり、「ミサイル」とは、「爆弾を積荷とするロケット」のことだ。だから、「人工衛星ではなくミサイル」という言い方は不正確だし、そもそも今回のロケットは弾頭に爆弾を積んでいない(そりゃ北朝鮮がなんぼアレな国でも、弾頭に爆弾は積まないでしょう)のだから、「ミサイル」ではない。

これに加えて変なのは、パトリオットミサイルの要否と配備場所だ。今回のロケットが日本領土に落下するのは、事故が発生した場合に限られる。事故が起きれば北朝鮮は自爆させるはずだし、韓国軍や在韓米軍、東シナ海と日本海に展開する米軍が撃墜を試みるだろう。つまり、パトリオットミサイルの出番は、(1)ロケットが進路を外れて日本に向かい、(2)自爆装置が故障し、(3)韓国軍と米軍がともに撃墜に失敗した場合に限られる。この条件をことごとく満たして「ミサイル」が日本領土に落下する確率は、ものすごく低い。

そうだとすると、次に分からないのは配備場所だ。今回の「ミサイル」に事故が起こった場合、日本の何処に落ちるかは全く分からないのだから、せいぜい半径30㎞しか守れないパトリオットミサイルは全く無力であり、東京と沖縄にだけ配備する意味は何もない。百歩譲って首都防衛の重要性は認めるとしても、なぜもう一箇所が沖縄なのか。しかもなぜ宮古・石垣島にまで配備するのか、意味不明だ。今回の「ミサイル」が宮古島を直撃する可能性は、たぶん、時々落ちてくる古い人工衛星が宮古島に落下する確率と同程度だろう。要するに、無視しても良い確率だと思う。

このように考えてくると、イージス艦とパトリオットミサイル配備の目的は、北朝鮮の「ミサイル」に対抗することではない。おそらく、その意味するところは第一に、日米韓合同の軍事演習であり、仮想敵国は中国だ。第二に、日米共同して沖縄県民を守るというアピール、すなわち広報活動である。

この仮説に立てば、中国が北朝鮮の説得に消極的なことにも合点がいく。中国から見れば、自国の軍隊を動かさずに、仮想敵国(日米韓)軍のミサイル対応能力を観察できる好機だからだ。いま東シナ海では、日米韓中ロによる熾烈な情報収集合戦が展開されているのだろう。

いずれにせよ最も変なのはマスコミの対応である。どれも判で押したように「ミサイル」の脅威をあおるだけ。フクシマを経験している我々は、「正しく怖がる」ことの重要性を理解したはずではなかったのか。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。