記事

東日本大震災を経て、災害の犠牲者を減らすためのテクノロジーが進化している

1/2

2011年3月11日に発生した東日本大震災は甚大な被害をもたらし、現在もなお被害の爪痕は残り、苦しんでいる人々がいる。

その傍らで、テクノロジーは日々確実に進化してきた。過去防ぎようがなかった災害や、より迅速な対応が必要な現場も、AI、IoT、ロボットなどを駆使することで変わろうとしている。

テクノロジーは、いかにして自然災害、それにより引き起こされる二次災害を防げるのか。最新の研究開発、事例を踏まえながら、その可能性を探っていく。

東日本大震災から生まれた「JESEA」が目指す地震予測の未来

自然災害という文脈で、一番に期待されるのが「予測」だろう。東日本大震災において、もう数分、数十秒はやく予測できれば、死者15,897人、行方不明者2,534人(2018年12月10日時点)の数は減らせたはずだ。

地震科学探査機構(JESEA)設立の背景には、甚大な被害をもたらした東日本大震災がある。JESEAの共同創業者であり、「MEGA地震予測」の解析を行う東京大学名誉教授 村井俊治氏は、設立に至った経緯を次のように語る。

――村井 俊治氏
「私は東京大学を60歳で退官した後、『GPSデータと地震発生との相関関係』の研究を始めました。それから10年近くが経過した頃、2010年秋から2011年初めにかけて、これまで見たことのない異常なデータ(地殻変動)を目にしました。『これは大きな地震が来るかもしれない』と思いましたが、当時の私には、発信する術がありませんでした。

結果、未曾有の大災害・東日本大震災が発生し、多くの尊い命が失われました。科学者として、私は悔悟の念に苛まれました。それを機に、私は“残りの人生を地震予測に懸ける”ことを決意し、JESEA設立に至りました」

国土地理院が全国に約1,300点設置している「電子基準点」では、人工衛星から発射される信号を使って地表の変動を測定している。「MEGA地震予測」は、その情報を利用・解析することで、地震の前兆(地表の異常変動)を捉え、地震を予測する。

地震は、地球を構成しているプレートが地下の深いところで互いに変動する過程で起きる。JESEAは、「大地震の前には、前兆現象が発生する傾向にある」とし、次の5つの観点から、細やかにデータを収集・検証することで、数週間後、数ヶ月後の地震を予測する。

週間異常変動
短期的な異常変動を分析

隆起・沈降
長期的な高さの変動の傾向を分析

水平ベクトル異常変動
水平方向の変動を矢線で示し分析

累積変位
長期的に累積する地表の歪み

東西、北南、水平異常変動
水平方向成分の異常変動を分析

一方、100%の精度での地震予測はまだまだ難しい。JESEAも100%の精度では予測ができていないのに加え、数日前の予測はまだできない。しかし、精度向上への糸口は掴んでいるはずだ。NTTドコモなどの協力も得ることで、その精度は確実に向上していくだろう。

あわせて読みたい

「東日本大震災」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    夏目アナ 吉本問題でTVに危機感

    水島宏明

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

  6. 6

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  7. 7

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  8. 8

    紳助氏 会長辞任なら吉本潰れる

    文春オンライン

  9. 9

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  10. 10

    山本太郎氏「皆で政権取ろう」

    山本太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。