記事

北朝鮮「ミサイル」騒ぎは常軌を逸している

 地球の周囲には、いま現役で働いている人工衛星だけで約3000個が浮かんでいる。用済みの残骸を加えればもっと多い。これらは多段式ロケットで打ち上げられて周回軌道に乗せられている。軌道に乗る衛星以外のロケットは途中で切り離されて落下するのだが、それで重大な事故が起きたことがあっただろうか。あらかじめ予想される海面などに警戒区域を設けることで用は済んでいた。

 人工衛星を打ち上げるロケットと長距離ミサイルに使うロケットとは、非常に似ているというか、むしろ同じものである。人工衛星なら大気圏外で周回軌道に乗せるが、ミサイルなら大気圏に再突入して目的地に向かうよう誘導される点だけが違っている。そしてミサイルが危険なのは、言うまでもなく大きな破壊力を持つ弾頭がついているからである。

 燃料の尽きたロケットの燃え殻が落ちてくるのは、隕石に似ている。隕石なら毎日地球上のどこかに落ちているのだが、気にする人はいない。事前にわかっているロケツトの落下なら、区域と時間を決めて気をつければいいだけの話になる。北朝鮮のロケット技術は幼稚だからどこへ飛ぶかわからないというのは偏見だろう。専門家は、今回の成功率は90%以上と見ているということだ。

 長距離ミサイルの実験中止の約束を破ったという問題には、ここでは立ち入らない。ただ、現実に発射されるのが人工衛星とわかっていてミサイル防衛の対応をするのは、常軌を逸していると思う。燃え殻のロケットを標的にしてミサイル防御用のミサイルで迎撃すれば、とくに地上防御用の短距離ミサイルでは、破片を撒き散らす危険の方がずっと大きいに違いない。空襲の際に味方高射砲弾の破片が危険なのと同じことになる。

 日本はロシア、アメリカに続いて世界第3位の126個の人工衛星(2011年12月2日現在)を運用しているということだ。それほどの人工衛星大国が、なぜ北朝鮮の人工衛星打ち上げに対してだけ過剰に反応しなければならないのか。戦時モードの緊張を盛り上げ、合わせて沖縄の自衛隊アレルギー解消を図りたい便乗の意図が、濃厚に感じられる。

あわせて読みたい

「」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  5. 5

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  6. 6

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  7. 7

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  10. 10

    「400店舗から27店舗に」"絶滅危惧種"だったドムドムを黒字化した"元専業主婦社長"の実力

    PRESIDENT Online

    08月01日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。