記事

貴景勝の大関昇進ライン 3場所34勝と高いハードルに

【貴景勝は大関獲りを目指す(時事通信フォト)】

「平成最後の本場所」が幕を開けた。大相撲春場所で好角家たちの注目と期待を一身に背負うのが、大関昇進を目指す関脇・貴景勝だ。

【画像】横綱の白鵬、復活なるか

 ただ、場所前から関係者の間では、22歳の新星による大関取りが、「かなり困難な道のりになるだろう」(担当記者)といわれていた。その背景には、様々な因縁が渦巻いている。

 貴景勝の“元・師匠”で、昨年10月に相撲協会を退職した元・貴乃花親方も、3月2日、子供向け相撲イベントに出演すると、“元・愛弟子”の大関昇進について、「『貴』の名前が付いた時から“簡単にはいかないぞ”と言っている。(昇進が容易でないことは)本人も分かっている」とコメントした。

 厳しい見通しが囁かれる理由の一つとして、先場所終了時点で、貴景勝が大関昇進の目安となる「3場所33勝」をクリアしていたにもかかわらず、昇進が見送られたという事実がある。

「九州場所では優勝を果たし、初場所は一人横綱だった白鵬を破って11勝をあげたのですから、立派な成績です。しかし、千秋楽に大関・豪栄道に完敗したことを理由に、協会側はあっさり、“もう一場所見よう”と先送りにした。

 稀勢の里(現・荒磯親方)が大関に昇進した際(2011年九州場所)、14日目が終わって『3場所32勝』となった時点で、場所後の昇進が明言されていたのとは大違いです。貴景勝の昇進によって、協会執行部との対立の末に退職した元・貴乃花親方にスポットライトが当たるのを避けたいのではないかと勘ぐりたくもなる」(若手親方)

 そんな“場外戦”を訝る声もあるが、「昇進への最大の障壁は今場所、貴景勝と対戦が予想される実力派ガチンコ力士の面々」(協会関係者)だという。そこには大関・高安や小結・御嶽海らの名前が挙がる。

「先場所優勝した玉鷲(関脇)が11勝で『3場所33勝』に届くことなども含めて考えると、貴景勝は2ケタ10勝をあげて『3場所34勝』を達成することが昇進の最低ラインになるとみられている。これは簡単には達成できない数字だ。対戦が予想される力士の顔ぶれを見ていくと“5敗しかできない”というのは相当にハードルが高いと思う」(同前)

※週刊ポスト2019年3月22日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  6. 6

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  7. 7

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  8. 8

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    籠池氏への不当な国策判決を批判

    郷原信郎

  10. 10

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。