記事

エース2人退社で…テレ朝・田中萌「不倫」アナ復帰大作戦


『グッド!モーニング』のサブMCを務めていたテレビ朝日の田中萌アナ(27)が、男性アナとの不倫を報じられたのは2016年12月のこと。それがきっかけで、番組からは衝撃の降板。それ以来、地上波から遠ざかっていた田中アナだが、「復帰大作戦」は、静かに動きだしていた。

「2019年1月から、深夜番組『アナ行き!』で、『スターアナウンサー育成プロジェクト』という企画が始まったんです。

【関連記事:テレ朝「田中萌アナ」オヤジ殺し力で…】

 若手4人が『スターアナ』を目指すというものですが、『スター候補』の一人が、ずっと干されていた田中アナだったことに、局内で驚きの声が上がりました。じつは、これを機に田中アナの露出を増やし、彼女をスター街道に戻す計画なのです」(テレ朝局員、以下同)

 2月には、日テレの『イッテQ!』に『ポツンと一軒家』が視聴率で勝利するなど、「勝ち組」のテレ朝が、田中アナの復帰を急ぐには、理由がある。

「宇賀なつみアナ、小川彩佳アナが、相次いで退社を発表し、テレ朝は『緊急事態』に瀕しているんです。

 そんななか、注目が集まるのが田中アナ。実力は、現場からも上層部からも折紙つきで、新人ADの名前まで覚える記憶力と、不倫ネタにも自虐で返す、対応力が武器。

 親しい男性スタッフの好物を記憶して、一緒に食事をする際、あえて同じメニューを注文し、『この料理、カロリー高いけどクセになるんですよね』と距離を縮めるなど、小悪魔的なワザを持ち合わせています」

 現在は、『アベマモーニング』(AbemaTV)でレギュラーを務める田中アナ。冒頭の写真は、40分間の出演を終え、ほっとした様子で社外に出るところだ。

 2018年11月には、インスタグラムの個人アカウントを開設。2019年2月下旬には、24時間で自動消滅する「ストーリー」機能を使い、「濃いめ」とコメントを付してウエディングドレス姿を披露している。

 一方テレ朝は、さらなるテコ入れを発表した。『モーニングショー』を降板する宇賀アナの後任に、4月にアナウンサーとして入社予定である、元「乃木坂46」の斎藤ちはる(22)を抜擢。社会人アメフト「バーバリアン」のコーチ兼QBである斎藤伸明氏を父に持つ、明治大学在学中の才女だ。

 2011年から約7年間、乃木坂46として活動した斎藤。ニックネームは「ちはるん」だった。2017年に出演した『世界ふしぎ発見!』(TBS系)の台湾ロケでは、牛糞を顔に塗る美容法に挑戦した、肝っ玉の持ち主だ。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏はこう語る。

「下積みを経て、田中アナは落ちついた雰囲気が出てきました。原稿読みも、まずまず。『テレ朝顔』で、実力も素質もある田中アナを寝かせておくのはもったいない。

 斎藤さんも嫌味のない美人で、幅広い層に好かれそうな印象。テレ朝にとって、エースの退社は痛手ですが、若手アナにはチャンスです」

 春は、すぐそこに。

あわせて読みたい

「テレビ朝日」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  7. 7

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  8. 8

    推定死者1万6千 緊張続くNYの今

    堂本かおる

  9. 9

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

  10. 10

    マスク配布で薬局の行列は減るか

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。