記事

堀江貴文、ツーショット写真を撮られると「詐欺に使われる」


 3月8日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に堀江貴文が出演し、有名人の名前を使った詐欺について言及した。

「芸能人はまだいいわけですよ。たいして被害ないから。だって芸能人がすすめる『これ絶対儲かる商材です』ってちょっと怪しいじゃん。でも、俺がすすめてると、なんか儲かりそうと思うらしくて」

 自身がすすめる商品は、そこらの芸能人とは比べものにならないくらい商品に信用性をもたらすため、詐欺グループに利用されないように気をつけているのだという。

「(詐欺グループが)飲み屋とかでパッて撮られたツーショット写真みたいのを使ったりしてるわけ。で、俺、30代、40代男子とは絶対撮らない。もうそんな奴しかいないと思ってるから」

 詐欺グループに利用されないよう警戒するが、敵もさる者、あの手この手で詐欺グループが近づいてくる。

「2年ぐらい前、わりと可愛めの20代の女子が撮りたいって言うから、これは大丈夫かなと思って撮ったんですよ。そしたら、そいつも情報商材屋の手先だったんですよ」

 可愛い女性にあっさり引っかかってしまった堀江。そのため、詐欺に遭わないように、ツーショット写真の撮影ルールを厳格にした。

「誰かが紹介した人とか、友達とか、素性が知れた人。お前の紹介だったらこいつ大丈夫だろうなって人以外は撮らないです」

 いまでは街で写真を一緒に撮ってほしいと言われても断るようになった。たいていはそこで終わるが、なかにはしつこく写真をせがむ人も。

「なんで? どうして? 撮るの当然でしょぐらいな感じで、けっこう食い下がる人がいて。特に酔っ払ってるとね」

 飲み屋で写真を断ると、酔っ払っていることもあり、なかなか引き下がらず、店に迷惑がかかることもあるという。

「店員が止めようとしてるのに、店員をぐいっとやっちゃったりとか。店員を突き飛ばしたり」

 ビジネスではもちろん、芸能界でも活躍しているホリエモンには、詐欺防止の気苦労が多いようだ。

あわせて読みたい

「堀江貴文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

  2. 2

    マスク配布への攻撃はお門違い

    青山まさゆき

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  5. 5

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  6. 6

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    よしのり氏 なぜコロナを恐がる?

    小林よしのり

  8. 8

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  10. 10

    いま森友? 立民議員の質問に憤り

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。