記事

軍事同盟と核の選択

 ハノイの米朝首脳会談が決裂した後、北朝鮮は再び核施設の整備を行い、ミサイル発射の準備を進めている。三度目の米朝首脳会談を開催する目途は立っていない。北朝鮮の核兵器が、日本にとって脅威であり続ける状況は変わっていない。

 一方、米露は、INF全廃条約を破棄し、新たな軍拡競争が始まっている。中国は、そもそもINF条約の対象にはなっていない。

 米ソ冷戦下、ソ連は1977年から中距離核ミサイルSS-20の配備を開始したが、これは西ヨーロッパを射程に収めるもので、西側の安全保障にとって大きな脅威となった。また、1979年にはソ連軍がアフガニスタンに侵攻した。そこで、NATOはパーシングⅡ型とGCLM(地上発射巡航ミサイル)をヨーロッパに配備して対抗した。

 北朝鮮の核武装は、ソ連のSS-20配備に相当する。では、日米韓はどう対応するのか。当時のヨーロッパ諸国と同様に、韓国、そして日本にも戦術核兵器や巡航ミサイルを配備すべしという意見もある。トランプ大統領は、同盟国を守ると確約しているが、もし北朝鮮が核ミサイルで韓国や日本を攻撃した場合、直ちにアメリカが核による反撃を行うかどうかは不明である。

 その前段階として、まず攻撃された韓国や日本が核を含む兵器で反撃するというシナリオのほうがアメリカにとっては合理的である。それは、アメリカの都市が北朝鮮のICBMによる核攻撃の目標とされる可能性を無くすことができるからである。日韓両国が、アメリカはニューヨークを北朝鮮による核攻撃の犠牲にしてまで東京やソウルを守ってくれるのかという疑問を抱いても不思議ではない。そこで、韓国や日本の核武装という選択肢が出てくる。

 東西冷戦下で、アメリカはワシントンDCを危険にさらしてまでパリを守るためにモスクワを攻撃しない。そう考えたからこそ、フランスは自ら核武装の道を選んだのである。もしソ連がフランスを核攻撃すれば、必ず反撃の核がモスクワを壊滅させるという決意を内外に明らかにした。この決定は国民的合意を得ている。

 当時と現在は状況が異なるとはいえ、核の選択というのは冷徹な戦略的論理によるものである。広島、長崎を経験した日本では核についての議論そのものが成り立たないが、緊迫の度を増す世界情勢を考えるとき、歴史や他国の経験に学ぶという態度もまた必要である。

 一つの同盟関係が永遠に続くわけではない。同盟のパートナーを変えるという選択肢もあれば、孤立しても独立独歩で行くという道もある。しかし、後者を選ぶ場合には、核の選択は免れえない。日本をめぐる国際環境は厳しさを増してくる。冷徹な戦略思考が必要である。

あわせて読みたい

「核兵器」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  7. 7

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  8. 8

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  9. 9

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  10. 10

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。