記事

元NHK松平定知氏、アナは「御代替わり」をどう伝えるべきか

【元NHKアナウンサーの松平定知氏】

【昭和天皇崩御翌日の早朝、皇居に向かって手を合わせる人々(共同通信社)】

間もなく新しい御世を迎える。メディアはそれをどう伝え、国民はどう捉えるのか。1989年1月、昭和から平成への変わり目をテレビでアナウンスした元NHKアナウンサー・松平定知氏がその瞬間を語る。

私は平成元年となった1989年11月9日にベルリンの壁崩壊によってブランデンブルク門が無血開放される瞬間も、20世紀が終わって21世紀が始まる瞬間も、テレビの生放送でそのことを伝えました。たまたまの巡り合わせだったのですが、そういう歴史的な瞬間に立ち合えたことはアナウンサー冥利に尽きます。

もう一つ申し上げますと、平成最初の紅白歌合戦の総合司会も担当させていただきました。ともに昭和を代表する大スターだった石原裕次郎さんは昭和62年7月17日に、美空ひばりさんは平成元年6月24日に亡くなっています。これも時代が変わったことの象徴ですね。

間もなくやってくる御代替わりは、先代天皇の崩御ではなく、江戸時代の光格天皇から仁孝天皇への譲位以来およそ200年振りとなる生前退位によるものです。その意味で、昭和から平成のときのような悲痛な思いは国民の間に起こらないのではないでしょうか。

もっとも強い思いは「天皇陛下、お疲れ様でした」という労いの感情だと思います。昨年の12月20日、天皇として最後となる誕生日に際しての記者会見で、「天皇としての旅を終えようとしている」「支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と述べられたとき、涙声になられていました。あれを聞いた国民の多くは、陛下はもう十分お役目を果たされたと思ったことでしょう。

もし私が次の元号越えの瞬間にアナウンスするとしたら、どういう思いを込めて、何と言うか、ですか?

今、申し上げたように、実際に言葉にするかどうかは別として、陛下に対する“お疲れ様でした”という気持ちがこもるでしょうね。それともうひとつ、今度は新しい時代に対する期待と申しますか、新しい天皇陛下に“よろしくお願いします”と希望を託したい気持ちもあります。ひとつの時代が終わることへの惜別の情はあるにせよ、今度の御代替わりは悲しい出来事ではありません。

とすれば、笑みを湛えながらアナウンスしてもいいのではないでしょうか。どのようなアナウンスになるかは、担当するアナウンサーが今度の御代替わりをどのように捉えるかによるでしょうね。注目しています。

【PROFILE】松平定知●1944年生まれ。早稲田大学卒業後、NHK入局。『NHKニュース7』『その時歴史が動いた』など数々の看板番組を担当。2007年にNHKを退局し、現在は京都造形芸術大学教授などを務める。『謀る力』『幕末維新を「本当に」動かした10人』など歴史について考察した著書多数。

●聞き手・構成/鈴木洋史(フリーライター)

※SAPIO2019年4月号

あわせて読みたい

「元号」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。