記事

3月9日(土)ムネオ日記

 カルロス・ゴーン被告の弁護団である高野隆弁護士はブログで、保釈の際、変装させたのは私であると認め、「名声に泥を塗る結果となってしまいました」と謝罪している。(日刊スポーツ22面)

 よく有名税という言葉が使われる事がある。ゴーン氏もその一人といってよいだろう。静かにそっと東京拘置所を出たいと思ってもメディアは黙っていない。プライバシー、人権と声高に言いながら、全くお構いなしの報道である。

 高野隆弁護士としては、考えた末のやり方だったと思うが、知名度のあるゴーン氏であるから逃げ隠れ出来ない。

 ゴーン氏のこうした話題は、一過性で長続きはしない。ゴーン氏の次の出番は、初公判の時だろう。

 大阪では、大阪都構想の信を問うため、知事、市長が辞職し、知事と市長が入れ替わる選挙になる事がはっきりした。今までも言われてきた事だが、思い切った決断である。大阪の皆さんがどういう選択をするのか、注目したい。

 昨日から網走管内に入り、後援会会合。昨夜は遠軽町、今日は雄武町、興部町、紋別市で、それぞれ新年交礼会を行う。

 政治風土厳しかった網走管内で36年続けて来られたのは、心ある後援会の皆さんのお陰であり、「人生出会い」に心から感謝する次第である。

 16時から遠軽町で、自衛隊入隊予定者壮行激励会に鈴木貴子代議士の代理で出席する。前途有為な若者を見て、誇らしく、頼もしく思った次第だ。

※昨日、遠軽町での新年交礼会




※雄武町での新年交礼会


※興部町での新年交礼会


※遠軽町での自衛隊入隊予定者壮行激励会



※紋別市での新年交礼会


あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  4. 4

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  5. 5

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  6. 6

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

  7. 7

    打倒自民だけの野党に国民は失望

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    文大統領が韓国を滅ぼす可能性も

    自由人

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    香港デモ長期化で漂う不穏な空気

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。