記事

3月9日(土)ムネオ日記

 カルロス・ゴーン被告の弁護団である高野隆弁護士はブログで、保釈の際、変装させたのは私であると認め、「名声に泥を塗る結果となってしまいました」と謝罪している。(日刊スポーツ22面)

 よく有名税という言葉が使われる事がある。ゴーン氏もその一人といってよいだろう。静かにそっと東京拘置所を出たいと思ってもメディアは黙っていない。プライバシー、人権と声高に言いながら、全くお構いなしの報道である。

 高野隆弁護士としては、考えた末のやり方だったと思うが、知名度のあるゴーン氏であるから逃げ隠れ出来ない。

 ゴーン氏のこうした話題は、一過性で長続きはしない。ゴーン氏の次の出番は、初公判の時だろう。

 大阪では、大阪都構想の信を問うため、知事、市長が辞職し、知事と市長が入れ替わる選挙になる事がはっきりした。今までも言われてきた事だが、思い切った決断である。大阪の皆さんがどういう選択をするのか、注目したい。

 昨日から網走管内に入り、後援会会合。昨夜は遠軽町、今日は雄武町、興部町、紋別市で、それぞれ新年交礼会を行う。

 政治風土厳しかった網走管内で36年続けて来られたのは、心ある後援会の皆さんのお陰であり、「人生出会い」に心から感謝する次第である。

 16時から遠軽町で、自衛隊入隊予定者壮行激励会に鈴木貴子代議士の代理で出席する。前途有為な若者を見て、誇らしく、頼もしく思った次第だ。

※昨日、遠軽町での新年交礼会




※雄武町での新年交礼会


※興部町での新年交礼会


※遠軽町での自衛隊入隊予定者壮行激励会



※紋別市での新年交礼会


あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  4. 4

    幻冬舎騒動 批判すべきは見城氏

    常見陽平

  5. 5

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  6. 6

    結婚できない男性に特徴的なこと

    文春オンライン

  7. 7

    幻冬舎騒動 津原氏は凄い小説家

    やまもといちろう

  8. 8

    勉強できる人とできない人の違い

    ヒロ

  9. 9

    池袋暴走 逮捕なしは不正な対応

    メディアゴン

  10. 10

    菅長官 携帯料金の値下げに期待

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。