記事

取材が記事にならない10の理由というブログを書きました

先日、目黒広報研究所のブログのほうに、「取材が記事にならない10の理由」というブログを書きました。

記者に取材さえしてもらえれば記事になる。自分は記者とのコネクションがないから、記事にならないんだ

そう考えている人もいるかもしれません。

でも、そうではないのです。実は記事にならない取材もあるのです

ここで私が言いたかったのは「情報を受け手がアウトプットできる状態で渡しているかどうか」もっというと「そもそも取材に値する内容で取材をセットしているか」ということです。

ただ、自分がすっきりするために話をしたり、本筋とは関係のないおもしろい話をして楽しんでもらっても、それはアウトプットにつながりません。難しい言葉で語っても通じません。いわば記者に伝わる言い回しで書かれたものがプレスリリースであり、記者に伝わるように話すのが取材だと思っています。そしてニュースのネタということであれば、新規性のある内容なのかどうかということも関連してきます。

お金を払ってインタビュー風の広告を作ってくれる取材(ペイドパブ、記事体広告)だと状況は違います。絶対に掲載することが前提なので、相手が苦心しつつもいろいろ聞き出してくれます。これに慣れてしまうと危ないです。普通の記事には金銭は一切絡みませんから「この内容は読者に伝える価値がないな」「どうも話がはぐらかされてしまい、載せようがない」と思われたら掲載されません。更には「そういえば、前回もこの会社の取材はひどかったな。次からは断ろう」などという最悪な結果をうむ可能性さえあります。準備不足で安易な取材セッティングはかえって怖いのです。

  1. 簡潔に
  2. 短時間で
  3. 客観的なデータを交えて
  4. 写真などの素材を用意し
  5. 知らない人にもわかりやすく
  6. どこが新しいのか(画期的なのか)を説明し
  7. ユーザーの利点をあげ(または社会に及ぼす影響をあげ)
  8. 短時間で語る

なかなか難しいですが、取材を受けたのに掲載されなかった場合、上記をチェックリスト的に活用して、「次回からどういう取材にするか」を考えてみると勉強になると思います。

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ロックダウンせずコロナ封じ込めに「失敗」したスウェーデン 日本人移住者が語る生活のいま

    田近昌也

    10月26日 09:03

  2. 2

    ラーメン店と4℃が元で男を振ってしまう愚かなあなたへ

    いいんちょ

    10月26日 10:04

  3. 3

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  4. 4

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  7. 7

    にぎわい戻る日本に「油断しないで」 コロナ感染女性が綴る闘病と復帰後の苦しみ - 吉沢さりぃ

    BLOGOS編集部

    10月26日 09:31

  8. 8

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  9. 9

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  10. 10

    野党支持者の誤爆と2021衆院選の政策論戦が盛り上がらない理由

    やまもといちろう

    10月26日 11:59

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。