記事

堀江貴文氏も脱帽、「余命8年宣告」を受けたロボット研究者

【パーソナルモビリティについて語る古田貴之氏(左)と堀江貴文氏】

 連日、様々なジャンルの著名人や“最先端”の人たちとの対話を続ける堀江貴文氏だが、最近、超一流の「ヘンな研究者」と紹介した人物が3人いる。東京大学大大学院特任准教授の松尾豊氏、大阪大学教授の石黒浩氏、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター所長の古田貴之氏で、いずれもAIやロボット分野の研究者だ。

【写真】「CanguRo」に試乗する堀江貴文氏

「3人は、堀江氏が最新刊『僕たちはもう働かなくていい』の執筆のために取材した“大物”たちで、堀江氏はその個性が際立っていることから、“いい意味でヘンな人”と紹介しています。松尾氏はAI研究のトップランナーとしてマスコミに引っ張りだこだし、石黒氏の開発した『マツコロイド』や『徹子ロイド』などのアンドロイドもよくテレビに出ています」(出版関係者)

 2人に比べると、古田氏はテレビなどの露出機会は少ないが、堀江氏は同書の中で古田氏が開発した新タイプのAIロボットを紹介するだけでなく、その経歴や開発理念などにも触れ、「ヘンな研究者」ぶりを称賛している。

 同書によれば、古田氏は14歳の時、難病で入院し、医師から「生命に関わる病気で、余命は8年。余命つきるまで一生、車椅子生活になることを覚悟してください」と宣告された。病室は6人部屋で、古田氏を除く5人が半年の間で亡くなった。

 しかし、古田氏の病状は奇跡的に急回復。同じ病気での回復は数千人に1人の割合だが、古田氏はその1人に選ばれた。そして、古田氏はこう決意したという。

「いつかやれる。いつかつくれるでは駄目なんだ。人生は一度きり。いつ死ぬかわからない。  やりたいことをやって、死んでいくのが一番。僕はロボットが好きだ。ロボットをとことんやろう。僕がこの世にいた証をロボット技術で残そう!」

 ちなみに、古田氏の最新の研究成果は、AIを搭載した変形型のパーソナルモビリティ「CanguRo(カングーロ)」。試乗した堀江氏は、パーソナルモビリティの可能性について、「いずれはスマホのように一人一台時代がくる」と大胆な予測をしている。

 同書の中で堀江氏は、「やりたいことをして生きていく」ことの重要性を繰り返し説いているが、ポストスマホの世界的な大イノベーションが生まれる日も近いのかもしれない。

あわせて読みたい

「AI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。