記事

ブログの中読まないでクソリプよこす人のために、PayPayで2割戻るお店をおさらいしてみる

先日書いたこれの続き

中身をよく読まないで「コンビニなんか2割安くても元が高いから買わないわ」というクソリプがたくさんくるのには辟易してるのですが、中に書いてあるのは調布でブロッコリー100円で売ってる道の駅みたいなでかい農協直販所とか、安い中華の定食屋さんの話でコンビニはアイキャッチ写真だけなのだが・・・タイトルとアイキャッチ写真だけ見てコメントしてくるのやめろ。www

自分はPayPayには何の借りもないが、前回のキャンペーンでは3回使って2回全額あたって10万円ゲットしたということから、多少贔屓にしておるし残高もそれを一杯持ってる。そして自分が良く行く鴨川ではサーフショップやカフェがみんな使える。聞けば営業が一軒一軒回ってきたそうな・・・・。

そんなわけで、いくらリンクしてもけっしてクリックして見ない皆さんのために、最大20%バックで(ただし1000円上限)でPayPayが使える店をピックアップしてみたい。SoftBankにお中元貰ってもバチは当たらないと思う。

居酒屋大手はだいたいいける

Yahoo!ダイニングでネット予約できる店は検索できるようになっていて



全国でPayPay使えてネット予約可能なお店が2,649 件。ということはネット予約できない店のほうが多いから数的にはハンパない

松屋
魚民
牛角
和民

はじめ、大手のチェーンは


こんな感じ。5000円使うと1000円戻るんだから翌日のランチが浮くじゃん。
大手じゃなくて弱小のお店も相当数登録されてます。

PayPayアプリには近くの店を表示できる機能が付いていて、たとえば明大前で検索すると使える店が有象無象にこれくらいありまして、オリジン弁当でも使えました。美容院や花屋、薬局、眼鏡、自転車、劇団、楽器、など多数・・・・「いかに主婦は高い店にいかないから関係ない」という話が馬鹿かわかるだろう。普段行ってる美容室だって使えるかもしれないのである。


大手の眼鏡屋さんはほぼ網羅


ほかにもカラオケや、H.I.Sによみうりランド。そして近日対応にてもみんがあって、ここは絶対自分は使う。1コース上のにして1000円もらう。

MrMaxはここに出てた


スーパーは自社カードやサービスがあるのでほかのペイメントはなかなか取り入れないのだが、そんなことしている間にドラッグストアが生鮮食品を扱うようになっていて

地方で増殖、「生鮮ドラッグストア」の破壊力格安を武器に食品スーパーやコンビニへ挑戦

みたいなことになっていて、このエントリーで書いたようにドラッグストアはいまLINE Payが大攻勢かけていて上限3000円まで20%バックなのである。ドラッグストアで15000円LINE Payで買うと3000円戻ってくるのである。

まあ、どうしても使いたくないなら勝手にすれば良いのだが、私レベルでも普通に使っていれば月に5000円以上は戻ってくる。使わない方がモッタイナイのだが、繰り返すが好きにしたらいいと思います。

で、PayPayは初期費用に決済手数料も不要なのに、行きつけの店に導入して貰うとその店にはなんとPayPayから15000円が逆に払われる。こっちもそこでお金使うと2割戻るわけだから、どんどん導入して貰うのが双方ともお得です。導入して貰いたい店はここからエントリーすると、そのデータ持ってSoftBankが営業に行くでしょう。www

繰り返すが、使いたくないなら別に使わなくても良いが、頭から否定してると大損する時代だよということで本日の講義は終了です。

狂乱!!!ww

あわせて読みたい

「PayPay」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。