記事

日本の上場ネット企業162社の回転売買率ランキングと、株式市場から退出すべき企業15社

1/2

最近、東証が上場基準を変更するという話が出てきています。

東証一部上場企業が増えすぎて、率直にいうと一部に居続けるにふさわしくない企業が増えすぎたため、整理しよう。みたいな試みだと思います。

今までの市場からの退場基準は比較的緩く見えたので、2019年3月現在は、少なくない草コインが東証一部にも多数眠っています。

時価総額が営業利益が東証一部上場時の基準ですが、その企業の株式がどれくらい売買されているかという「売買回転率」は一つの指標になるのではないかと感じ、調査しました。調査のきっかけになったのは、投資される経営、売買(売り買い)される経営という書籍の、下記の抜粋部分です。

2014年の東証の売買回転率(株式売買代金/時価総額)は133%。ニューヨークの42%やスイスは56%と比べるとかなり高い。この数値は深圳の619%や上海の458%は例外としても、ドイツの101%、ナスダックの71%と比較すると、先進国では高い数字。

時価総額に比べて売買代金があ多いということは流動性が高いという長所もあるのですが、短期で売買を繰り返す投資家が多いということでもある。

このデータを見ていく上で、前提条件がいくつかありますので、まず前提条件をご確認ください。

☆データ引用元
時価総額:2019/3/1時点
株価:2019/3/6時点
1日の平均売買高:iPhoneデフォルトの株アプリの「平均売買高」欄から取得(よって、期間が不明)
*ひょっとすると、このデータが株式分割を考慮されていない可能性がある。そこまでは時間の関係で調査し切れず
回転売買率:営業日数を年間250日と仮定して算出

☆注意事項
・上場したばかりの企業は上場直後は一般的に出来高が増えるので、回転売買率が高めに出やすい。年間を通すと、下がる場合が多いと思われる。青セルの企業は「2018年12月のIPO銘柄」とした。ゆえに、異常値と捉えてください
・高くても低くても良くない。東証平均が133%であることが、一つの基準となる。
・時価総額が高い企業は回転売買率が低め、時価総額が低い企業は回転売買倍率が高めに出やすい
・決してデイトレードというトレード手法を否定する記事ではございません

回転売買率のデータを見る際に、下世話なのですがわかりやすい喩えとしてはこんな感じです。

1.回転売買率が高い企業=モテるがワンナイトラブ(デイトレーダー)も多い
2.回転売買率が東証平均付近の企業=それなりにモテるし、彼氏(長期投資家)に比較的大切にされている
3.回転売買率が低い企業=モテない。例外として、上場しているけど市場に流通している株式比率が極端に低い。

投資される企業側の視点からは、2が一番良いかと思います。1だと個人投資家を中心に遊ばれてもいるわけですが、3だと遊ばれすらしないということで、個人的には3に入っている企業群は上場を維持する価値がないと思います。

それでは、この3群(を銘柄数多い事情もあり、4段落)に分けてランキングを見ていきましょう。

かなり遊ばれている銘柄68社:アルベルトはビッチ!?


まずはワンナイトラブ(デイトレード)が多いであろう、回転売買率500%を超える銘柄を並べました。回転売買率の高い順です。言い換えると、特に短期売買の個人投資家に人気がある銘柄とも言えます。32社もあります。

簡単にいうと、ZOZO株の最低単元100株は年間5.3回売買されている。という意味になります。

2018年12月IPO組(青セル)が5社入っていますが、それ以外を個別で多少見ていきましょう。

まず、アルベルトは2018/2/6の最安値1,200円から、2018/11/29に最高値16,730円と約10ヶ月でテンバガーどころか、約14倍に膨れ上がっています。直近では1万円を割っていますが、アルベルトに多くの個人投資家が群がり、アルベルト株は年間20回も売買されることとなりました。かなり異常な回転率です。

他銘柄を見ると、UUUM、シェアリングテクノロジー、鎌倉新書あたりも急激な株価上昇を見せており、売買高が急増と密接な関係があります。マネックスはコインチェック買収後に出来高が急増しましたが、最近は落ち着いています。

ZOZOはここ半年ほどかなり株価が下がりましたので、売った人がかなり多かったとも指摘できます。


2018年12月に限らない2018年のIPO銘柄も比較的出てきます。

それなりに遊ばれている銘柄33社


ここは180%〜300%の銘柄群です。これくらいの回転売買率になると、時価総額が大きな銘柄も増えてきます。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  6. 6

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  7. 7

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。