記事

NHKの事実に即しない恣意的な報道

NHKの「景気動向指数」に関する報道は、NHKが誘導したい結論に誘導するあまりに恣意的なものではないか。

こうした報道は、事実に即した報道で担保されている公共放送としての大義を失い民営化するしかなくなるのだが、それを理解しているのだろうか。

景気の状況を示すことし1月の「景気動向指数」についての報道。

NHKは『3か月連続で悪化し、内閣府は基調判断を下向きに修正しました。」「今の景気回復が戦後最長になったとみられるとする政府見解とは異なる結果です。』と報道し、

『内閣府は「政府としての景気判断は、月例経済報告で総合的に示したい」としていますが、景気の判断が分かれること自体、今の景気回復が力強さを欠いていることの現れとも言え、日本経済は重要な局面に来ています。』

と結論付けているが、

景気動向指数も月例経済報告も内閣府が発表するもので、政府の景気判断が分かれているものでは全くありません。

また、景気の判定は、専門家でつくる内閣府の景気動向指数研究会が、様々なデータが集まった約1年後に行います。

「景気後退」と結論付けるために、内閣府と政府を恣意的に分けて報道していますが、もし仮に景気が後退していたとしても、それについて政府見解が分かれることは無く、NHKの報道は恣意的なものと言うしかありません。

NHKから反論があれば受け付けますが、こうした報道が続けば公共放送としては厳しいでしょう。

『国内景気 すでに後退局面の可能性 景気動向指数3か月連続悪化』(NHK)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190307/k10011839001000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。