記事

既婚男性の7割「妻に働いてほしい」 妻に希望する雇用形態1位「正社員」、2位「パート」

既婚男性の7割「妻に働いてほしい」
既婚男性の7割「妻に働いてほしい」

ワタベウェディングは3月5日、「女性の結婚とキャリア」の調査結果を発表した。調査は2月に実施し、20~50代の既婚男性400人から回答を得た。

「配偶者(妻)は働いているか」を聞くと、92.5%が「働いている」と回答。「働いている」と回答した人に「妻の雇用形態」を聞くと、「正社員(一般社員)」が最も多く62.8%だった。次いで「正社員(管理職)」(16.2%)、「自営業フリーランス」(8.9%)という結果だった。

夫の希望より、妻は高い割合で「正社員」として働いていることが判明

さらに、71.5%が「配偶者(妻)に働いてほしいまたは働き続けてほしい」と回答。妻が働くことを希望する人に「妻に希望する雇用形態」を聞くと、1位は「正社員(一般社員)」(50.2%)、2位は「アルバイト・パート」(31.8%)、3位は「自営業・フリーランス」(7.7%)だった。

前述の「実際の妻の雇用形態」と「夫の希望する雇用形態」を比べると「正社員(一般社員)」で実際に働く妻は62.8%に対し、夫の希望は50.2%で、「正社員(管理職)」で実際に働く妻は16.2%に対し、夫の希望は2.4%と、実際は夫の希望より妻は高い割合で正社員として働いていることが明らかになった。

一方で、「アルバイト・パート」として実際に働く妻は7%に対して夫の希望は31.8%と、かなりギャップがあることがうかがえる。

「妻がキャリアを積むことを必要」と考える人は56.5%に上った。その理由を聞くと、過半数が「イキイキしてほしいから」(51.3%)で、次いで「生活水準の向上」(33.6%)や「外とのつながりを持ってほしい」(31.9%)がランクインした。

「妻がキャリアを積むことが不必要」と回答した理由 1位は「自分の給与で十分だから」

また、「キャリアを積むことが必要」と回答した人に、「配偶者(妻)がキャリアを積むために、伴侶として自分ができることは何だと思うか」を聞くと、1位が「家事への参加」(56.2%)、2位が「妻にリフレッシュの時間を持ってもらう」(14.2%)、3位が「育児への参加」(11.1%)だった。

一方で、「キャリアを積むことが不必要」と回答した人に、その理由を聞くと1位が「自分の給与で十分だから」(39.7%)、2位が「子育てに専念してほしいから」(16.1%)、3位が「家事の負担が増えるのが嫌だから」(12.6%)だった。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    韓国で増えるコロナ新規感染者 日本との違いはワクチンか

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 09:38

  2. 2

    石破茂氏「核兵器の保有も白地的に議論される韓国の動向に日本は関心を持つべき」

    石破茂

    11月27日 16:18

  3. 3

    現役世代への負担増、コストの高いクーポンばらまき…岸田内閣の経済対策は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月27日 10:41

  4. 4

    年収1000万円以上の世帯が4割超 東京23区の“超高収入エリア”は

    NEWSポストセブン

    11月27日 16:34

  5. 5

    ひさしぶりの良作なのにかわいそう…NHKが朝ドラ存続のために今すぐやるべきこと

    PRESIDENT Online

    11月27日 11:53

  6. 6

    ο(オミクロン)株は第6波になる可能性

    中村ゆきつぐ

    11月27日 09:39

  7. 7

    「イヤなことを連続でさせると無気力になる」。子どもの熱量を冷まさないで。(野田クリスタル)

    ベネッセ 教育情報サイト

    11月27日 15:23

  8. 8

    オミクロン株の国内流入を水際で防げたら、岸田内閣はさすが、と言えるのだが・・

    早川忠孝

    11月27日 14:23

  9. 9

    南アの保健相「規範に反している」と批判 世界各国による渡航制限の決定受けて

    ABEMA TIMES

    11月27日 17:57

  10. 10

    実質GDPがコロナ前の水準に戻っても経済正常化とは言えない理由 - 斎藤 太郎

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 16:17

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。