記事

景気判断、引き下げへ

これまでの景気回復局面が、本当に「いざなみ超え」だったのか?ということを数日前にこのブログにアップしました。

そうこうするうちに、今日、内閣府は景気動向指数1月分の速報値を発表し、一致指数に関して、「下方への局面変化を示している」との判断を示しました。これまで「足踏み」としていたものから、下方への修正です。

「下方への局面変化を示している」と内閣府が判定するとは、何を意味するか。内閣府によれば以下の通りです。

「事後的に判定される景気の山が、それ以前の数ヶ月にあった可能性が高いことを示す」

すなわち、1月から数ヶ月前に、既に景気に山を超え、景気下降局面に入っていた可能性が高いということです。

すなわち、「いざなみ超え」ではなかった可能性が高いということ。1月末に茂木大臣が「『いざなみ超え』の可能性がある」と述べたのは、一体何だったんだという感じです。

景気下降局面、そして10月の消費税率引き上げ。さて、安倍総理はどう判断するか。

あわせて読みたい

「景気」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  5. 5

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  6. 6

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  7. 7

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  10. 10

    ソウル市長の遺体発見 自殺説も

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。