記事

化学物質過敏症 マーケット感覚編

1/2

先日、テレビで「化学物質過敏症」の番組をみた感想を書きましたが、

実はその時、私のマーケット感覚アンテナにひっかかったコトがふたつありました。

ひとつは、地方の空き屋活用&人口誘致策についてです。

花粉症の人でも「花粉の飛んでない季節」や「花粉の飛んでない国」にいけば症状がでないように、化学物質過敏症の人も、それらの物質が飛んでいないエリアにいくと症状が治まり、ごく普通に過ごせます。

番組では化学物質過敏症にかかった子供を、高知県土佐町の「むかし暮らしの宿、笹の家」に連れて行って遊ばせてる様子が紹介されたのですが、街では学校にいけないほどの子供が、そこでは屋内外とわず走り回って遊んでてすごく楽しそうでした。

で、それを見て思ったのが、

大規模な農業をやっていない(=農薬散布をやる必要がない)里山エリアで、古い家が空き屋として残ってるところが「この地域一帯、柔軟剤禁止、農薬禁止、タバコ禁止、新しい家具の持込禁止」みたいな規則を作って、化学物質過敏症の人が穏やかに暮らせる街を作ったらいーんじゃないの? ってこと。

というのも、番組では患者さんにとって「安心して暮らせる家」を探すのがものすごく難しいと何度も強調されてた上、子供が発症したため山奥の一軒家に引っ越した家庭でも、子供は学校に行けずひとりで過ごしてるんです。それはやっぱりちょっと可哀想かなと。

でも、もし「化学物質過敏症の人でも安心して住めるエリア」ができたら全国からそういう人が引っ越してきて、子供たち同士も遊べるし、古い校舎を使えば学校にも行けそうでしょ。

誰の親もタバコを吸わず、誰の服にも柔軟剤は使われてない。だったらみんなで遊べる。

地域側としては、古い校舎や古い家の再利用、人口増が期待できることはもちろん、「日本で唯一、化学物質過敏症の人が穏やかに暮らせる、ものすごく環境にやさしい村です!」とアピールできる。

そうするとこの病気の人だけでなく、他のアレルギーのある人も住みたいと思うんじゃないかな。

子供が重いアトピーや花粉症、食物アレルギーだという人にとっては、将来の新たなアレルギーや過敏症の源になる物質は少なければ少ないほどいいわけで。

それにそういうエリアなら、化学物質過敏症になったことで失業した人も、教師なり宅配の人なりレストランのシェフなりとして働けるじゃん。

どうですかね? 

てか、花粉症の人、考えてみて。

もし花粉が(2,3月だけでなく)1年中飛んでて、有効な薬もなく、で、「日本で唯一、花粉が飛ばない街」があったら、真剣に引越を考えたりしない?

★★★

あわせて読みたい

「アレルギー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    韓国また勝手に勝利宣言の可能性

    tenten99

  4. 4

    「僕とSEXできる?」障害者の疑問

    水島宏明

  5. 5

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  6. 6

    竹島で揺るがない日韓関係を築け

    舛添要一

  7. 7

    放射能カード切る文在寅氏の狙い

    文春オンライン

  8. 8

    自民議員が共産・志位氏に指摘

    和田政宗

  9. 9

    埼玉補選 山本太郎氏の出馬期待

    早川忠孝

  10. 10

    日米 北ミサイルめぐり見解相違

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。