記事

「特攻服姿の少年は補導」福岡県警が撲滅を目指す中学生の伝統

1/2
特攻服を着た少年たちが、福岡の中心街に集う日がある。

昨年、博多警察署が博多駅に「3月9日(金)に特攻服を着用した少年は補導します」という内容のチラシを掲示。チラシはTwitterで1万人以上に拡散され、話題となった。

事情を知らない福岡県外のTwitter利用者からは「どういうこと?」「なんで3月9日だけ?」「いつの時代?」という驚きのリプライが寄せられた他、特攻服の着用だけで少年たち補導することに「服装の自由を制限することになるのでは?」などと疑問視する声が上がっていた。

昨年3月9日は福岡市内の中学校で卒業式が行われた日。

同県の北九州市の成人式はド派手な衣装や乱闘騒ぎで全国的に知られているが、福岡市では中学生が卒業式の夜に、特攻服や刺繍ランを着用し博多駅や天神・警固公園に集結することが”伝統”となっている。

特攻服の集団が公共の場にたむろすることで一般利用客の迷惑となっており、2015年には解散を求めたJR駅員に、少女が暴行を加え逮捕される事件も起きていた。

特攻服姿の少年たちは激減している

博多警察署が駅に警告のチラシの掲示を始めたのは一昨年の2017年から。

同年、博多駅の厳戒な警備体制を察知した卒業生の間で「みんな 天神集合で 警固公園 ※拡散希望」というツイートが広まり、特攻服の集団が警固公園に集結。警固公園だけで200名が補導される騒ぎとなったが、一方の博多駅でも30名が補導されていた。

チラシがTwitterで話題になった昨年は、チラシの他にも福岡県警がTwitterで警告を発信。 JR・地下鉄職員や周辺の商業施設、学校の教員らと協力し、特攻服を着ている少年たちの駅の出入りを禁止し、乗車拒否など対策を強化した結果、博多駅での補導者は0名。警固公園を含む天神界隈での補導者も14名と激減した。

福岡県警少年課の中村宗雄次席によると、チラシだけではなく、たくさんの対策を施した成果だという。

あわせて読みたい

「福岡市」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  7. 7

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  8. 8

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  9. 9

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。