記事

【参院予算委】統計不正問題、隠ぺい意図を直接確認せず。小西議員の質問で明らかに


 参院予算委員会で6日、安倍総理ら関係閣僚が出席するなか「統計問題・内外の諸情勢」に関する集中審議が開かれ、参院会派「立憲民主党・民友会・希望の会」から小西洋之議員が質問に立ちました。

 小西議員は、(1)厚労省の統計不正問題(2)安倍総理の施政方針演説における明治天皇の御製等(3)専守防衛(4)同性婚等と憲法24条の解釈――などについて質問しました。

 「毎月勤労統計」不正調査問題で厚労省の特別監察委員会による追加報告書では「意図的に隠したとまでは認められず」とされていることについて、組織的隠蔽の意図がなかったのかただしました。

 小西議員は、担当職員に対して隠ぺいの意図があったのかを確認したかと質問。特別監察委員会の樋口美雄委員長は「直接、質問はしてはない」と答えました。

 小西議員は、「事実の有無を確認しないのであれば、定義した隠ぺい行為を確認することは論理的にできない」「(職員の皆さんは)行政処分をされている。行政処分されるにあたり、隠ぺいの意図=事実を隠す意図があったかどうか確認しないなんてありえない。意図があればより重い処分になったでしょうし、あるいは確認せずに処分をしたのであれば、適切な処分、適正手続きにあたらない」と指摘しました。

また、事実を隠す意図があったかどうかを監察委員会でヒアリングしたのか、ヒアリングしたのであれば該当職員がどのように答えたかについて、予算委員会に提出するよう求めました。

 安倍総理が施政方針演説の際に「しきしまの 大和心のをゝしさは ことある時ぞ あらはれにける」と(明治天皇が詠まれた日露戦争に向けて国民を鼓舞する歌を引用したことについて、憲法前文の平和主義・9条の理念に反する行為ではないかと質問。

安倍総理は、同時期に明治天皇が詠まれた歌を紹介し、施政方針演説の中身に触れ、小西議員の質問に対する直接的な答弁はあまり行わず、「それがなぜ憲法9条に違反するかということはこの跳躍ぶりには驚くばかりでございます」と述べ、反する行為であるか否かの明言は避けました。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。