記事

通知表、実は無くても法的に問題なし。正しい評価という名の弊害


終業式のお約束といえば、通知表。開くときのドキドキ感を経験したことがない方はいないはずですよね。今回の無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役教師でもある松尾英明さんが、「通知表はもう必要ないのではないか」とし、文科省が定める通知表の位置づけと評価の弊害を論じています。

通知表って何なんだ

通知表とは、法的にどのような位置づけのものなのか。メルマガのタイトルに「二十代」を冠していることもあり、老婆心ながら記す。以下、文科省のH.P.より引用である(元々が表になっているので、表記の都合上、一部改変して記す)。

通知表(通信簿)

【法的な性格と内容】

  • 保護者に対して子どもの学習指導の状況を連絡し、家庭の理解や協力を求める目的で作成。法的な根拠はなし

【作成主体】

  • 作成、様式、内容等はすべて校長の裁量
  • 自治体によっては校長会等で様式の参考例を作成している場合も

【文部科学省の関与】

  • なし

文部科学省のH.P.に記されていながら、「関与なしなのである。つまり、法的にはなくても問題ない。「慣例」である(ただし、指導要録は教育委員会の定めた様式で作成する必要がある)。

要は、法的根拠がないとはいえ家庭の理解や協力を求めるのが存在理由である。「子どもを励ます」というのは、正当な気がするので誰も反論しないだけで、実は時代の流れにおける後付けの理由である。あくまで、保護者向けである。

個人的には、もう、これは、なくてもいい気がする子どもも保護者も、評価されるのが本当に嬉しいのだろうか(道徳の記述評価が嬉しいのか、役に立つのかは、さらに疑問である)。「知りたい」というのはわからないでもないが、実際、保護者が知ってどうこうできるものでもない。現場での実感である。

正しい評価の弊害の面も考える必要がある。例えば私は、当時相対評価だから仕方ないが「C」をくらった教科がいくつかある。一生懸命やってのC」である。もちろん、嫌いになったし今でもそれらの教科は不得意だと思い込んでいる面がある。

一方で、以前紹介したが、5段階で音楽1を付けられた子どもが世界的な音楽家になることもある。別に1だから発奮した訳ではなく、評価した側のミスである。評価者の「見る目」の問題である。

通知表は、何のためにあるのか。学校の当たり前を見直すべきものの一つである。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育を見下す自民の新託児ルール

    赤木智弘

  2. 2

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    イチローには国民栄誉賞など不要

    舛添要一

  4. 4

    失敗から学べない日本の敗戦否認

    内田樹

  5. 5

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

  6. 6

    納期のため品質を犠牲にする現場

    佐藤知一

  7. 7

    五木寛之氏 不況=自殺増ではない

    幻冬舎plus

  8. 8

    破産者マップ対応の弁護士を称賛

    最所義一

  9. 9

    朝ドラ人気ヒロイン のんが2位

    NEWSポストセブン

  10. 10

    意志を貫く佳子さまのダンス姿

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。