記事

ミャンマー、軍vs仏教徒戦闘激化

2/2

■ AA側は偽装工作を全面否定

こうした軍の発表に対しAAのモン・トゥ・カ報道官は「AAは自分たちの制服を着用してやるべきことをやっており、国軍兵士に偽装したことなどない」と全面的に否定している。

2月21日にはラカイン州で17歳の学生が政府軍兵士に身柄を拘束されて暴行を受けた後に解放される事件が起きている。また2月26日には同州ブティダウンに着任した新任の国軍幹部が新居に家具を搬入中に爆弾が爆発し、一緒にいた妻が死亡する事件も起きている。RFAによると家具を運んでいたトラックが途中で正体不明の6人に停車を求められて積み荷を検査されたとして、この際にパイプ爆弾が家具の中に隠蔽された可能性を示唆している。

さらにヤンゴンに拠点を置くオンラインニュースメディア「ミッツィマ・ニュース」によると、1月に少数派民族の3人が遺体で発見されたほか、2月27日にはミャンマー警察の警察官が乗った車列が地雷を踏んで爆発、待ち伏せしていたAA部隊と銃撃戦になる事案も起きるなど年明けとともにAAと政府軍の衝突、戦闘が急増しているという。

■ 偽装工作は軍の人権侵害の隠ぺいか

こうした事態に国軍側は「国軍兵士の制服を着たAAによる人権侵害事案」を強調することで、AA側に地域住民、国民ひいては国際社会の関心を向かせようとしているようである。しかしAA側は「地元住民や市民団体はAA側が政府軍の偽装をする必要がないことを熟知している。なぜなら多数派仏教徒の住民はAAを支持しているからだ」との見解を示している。

AA側は「国軍の制服を着た偽装工作」があくまで国軍側の「責任転嫁」に過ぎないとみており、人権侵害事案は政府軍兵士の制服や記章で偽装したAAの仕業と見せかける「陰謀」に過ぎず、逆に政府軍による残虐な行為を示すものとの見方を示している。

■ ラカイン州で国軍は2正面作戦

ラカイン州ではロヒンギャ族の武装組織「アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)」も政府軍との間で戦闘を継続しており、政府軍は同州では少数イスラム教徒の武装勢力とともにミャンマー全体では多数派ではあるもののラカイン州の自治権拡大を求めて政府と対立する仏教徒の武装勢力であるAAと2正面作戦を強いられている。

さすがにARSAとAAが対政府軍という立場は同じながら、共同戦線を組むことは現時点では双方が否定しているためないものの、政府軍にとっては治安維持が最も困難な州となっている。

■ 憲法改正を巡る軍と政府の駆け引き

こうした中、スー・チー顧問が率いる与党「国民民主連盟(NLD)」は1月29日に議会に対し憲法改正を検討する委員会の設置を求める動議を提出。委員会はその後正式に設置され、今後憲法改正に関して議論を重ねることになった。

現行憲法では議会の25%を国軍議席が占めており、軍の政治への影響力が依然残っており、与党や国際社会からは「憲法を改正してこそ真の民主化が実現する」と速やかな憲法改正を求める声が根強かった。憲法改正には議会の75%を超える賛成が必要で、国軍議席以外の全員と軍人1人の賛成が必要となる。

このため「現状のミャンマー政治と社会の安定には国軍の政治参加は必要である」とする国軍と政治や議会での国軍勢力の排除を求めるNLDを中心とする民主化勢力の駆け引き、攻防が激しさを増しているのが現在のミャンマーといえる。

そうした状況でラカイン州での治安悪化は軍に「治安維持、社会安定には国軍の存在が必要不可欠」との役割を国民に印象付ける「絶好の機会」であることから、人権侵害を「AAの仕業」に見せかけるための「AAによる偽装工作宣伝」を展開している、との見方も強くなっている。

政権を担って以来これまで国の治安維持と社会の安定を優先させるため軍に対して必要以上に気を使ってきたとされるスー・チー顧問がかつて「民主化運動の旗手」と称された時代の「勇気と決断力」で軍部と正面から向き合い、民主化の最後の仕上げをやり遂げることができるのかどうか、与党関係者や国際社会はじっと見守っている。

あわせて読みたい

「ミャンマー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  3. 3

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  4. 4

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  7. 7

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  8. 8

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  9. 9

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  10. 10

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。