記事

日本労働組合総連合会と政務調査会三役が第1回政策定期協議を開催


 日本労働組合総連合会(連合)と立憲民主党政務調査会は5日、第1回の政策定期協議を行いました。連合本部からは相原康伸事務局長と南部美智代、内田厚両副事務局長をはじめ関係総合局長が参加。立憲民主党からは逢坂誠二政務調査会長、相原久美子、山内康一両政務調査会長代理が出席しました。

 相原事務局長は「国会では統計問題の真相究明と同時に、予算をはじめとする多くの政策課題を前進させる充実した論議を期待したい。自治体選、参院選が目前に迫っている。政策を中心にした国会論議で国民を引きつける政治を進めて欲しい。本年、連合は30周年を迎え、政策をさらに磨いている。そのプロセスも含め幅広く意見交換をして、税、社会保障、教育など、良い構想案ができるよう深い意見交換を重ねていきたい」とあいさつしました。

 逢坂政調会長は「立憲民主党は、個々人のさまざまな蓄積はありつつも、生まれたての新しい政党ということで、政策面でも十分ではないところがあると思っている。野党がこういう状態で、連合の皆さまには、以前にはなかったご苦労があるだろうが、我々の未熟さや連合のお立場も頭の中におきながら、良い方向へ一歩でも二歩でも進んで行ければと思う。今、党では夏の参院選に向けた『立憲ビジョン2019』の策定を進めている。昨年、全国でタウンミーティングを開き、この春からさらに全国を回り始めたところ。そういうプロセスを通して、我々が考えている『草の根からの民主主義』を具体的に実践をしていきたい。連合の皆さまからさまざまなアドバイスや指導をいただければと思う。これを皮切りに今後ともよろしくお願いしたい」と述べ、今後も定期的に政策協議を重ねていきたいと応えました。

 連合の担当局長から「2019年度重点政策実現の取り組み方針」や「児童虐待のない社会の実現に向けて」と各政策課題に関する連合談話、「地方自治体における投票済証廃止を求める陳情」などについて説明がなされ、意見交換が行われました。今後は国会開会中は1か月に1回程度および必要に応じて定期協議を開催することを確認しました。




あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。