記事

【福島】玉木代表、東日本大震災復興・福島・原発事故対策本部メンバーら、震災の復興状況を視察

1/2
東電福島第1原発を視察する増子輝彦本部長、玉木雄一郎代表、小沢一郎・自由党共同代表

党東日本大震災復興・福島・原発事故対策本部(本部長=増子輝彦幹事長代行・参院議員、事務局長=大島九州男参院議員)は4日、玉木雄一郎代表とともに福島県を訪れ、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉へ向けた進捗状況や、大地震と津波、原発事故からの復興を目指す福島県双葉地区を視察するとともに、試験操業に取り組むいわき市の漁業関係者と意見交換を行った(写真は東京電力福島第1原子力発電所を視察する増子輝彦本部長、玉木雄一郎代表、小沢一郎・自由党共同代表)。

■東京電力福島第1原子力発電所

いま発電所が抱える課題について説明を受ける視察団一行

玉木代表ら対策本部一行はまず、小沢一郎・自由党共同代表とともに、東京電力福島第1原子力発電所を訪れた。原子炉建屋敷地内に入る前に、磯貝智彦所長と野呂秀明部長より、いま発電所が抱える課題について説明を受け、汚染水への対処、1号機から3号機内にある溶融した燃料の取り出しと使用済核燃料の対処、廃炉に従事する作業員の労働環境の確保、廃棄物を含め放射性物質を安定的な保管設備の整備などを大きなテーマとして取り組んでいることが示された。

その後、発電所構内に入り、免震重要棟や多核種除去設備(ALPS)等の設備外観を視察したほか、強い風雨の中、直接目視で俯瞰できる高台に立ち、1号機から4号機原子炉建屋の現状を視察した。

視察中、東京電力から、現在は平日には約4000人が作業に従事しており、汚染水対策作業を中心に約8000人が従事していた以前の状況と比べれば、凍土壁やサブドレン設備を整備した効果もあって、汚染水管理も安定して行われている、との説明を受けた。

また、燃料デブリの取り出しと廃炉措置へ向けて、先月13日には2号機の原子炉周辺の格納容器の底面にある燃料などの堆積物についてロボットを使用して接触調査を実施するなど、順次工程を進めていくことが報告された。

視察後、記者の取材に応じた玉木代表は、一口に廃炉と言っても、ものすごい時間と、技術や人が必要なことを改めて認識した。原子力エネルギーに依存しない社会に向けて、廃炉も含めた現実的な道筋を示していくことが大切で、党内で議論を深めていきたい、と述べた。

東電福島第1原子力発電所を視察する一行

■双葉地方町村会訪問

続いて一行は、双葉地方町村会(楢葉町、広野町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、川内村、葛尾村)を訪問し、各町村長との意見交換を行った。

 冒頭、玉木代表があいさつし、震災以降、行政の長としてさまざまな困難を乗り越えてきたことに敬意を表すとともに、震災から間もなく8年が経つが、決して風化させることなく、私たちも政治の責任を果たし、しっかりとご意見を賜って反映させていきたい、と述べた。

自由党の小沢共同代表は、この問題は一企業の問題でもなく、皆さんの地域だけの問題だけでもなく、日本の国・社会全体の課題として国が前面に立って解決しなければならない課題だ、とあいさつした。

双葉地方町村会の会長である楢葉町の松本幸英町長は、双葉郡内の復旧・復興は着実に進んでいるが、未だ避難指示を余儀なくされている自治体もあり、町村ごとに進捗状況に違いがあることを感じてもらい、それぞれの山積する課題について聞いていただき、今後の反映してもらえればと思う、とあいさつした。

その後、復興への取り組み、まちづくりと企業誘致、鳥獣被害対策など意見交換を行い、増子本部長は、復興のステージが変わっていく中でも、復興庁の後継組織はしっかりと組織し、専任大臣を置き、財源をしっかり確保すべきと要求しており、引き続きしっかりと対応していきたい、と応じた。

双葉地方町村会であいさつする玉木代表

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。