記事

日本株、誰が買うのか

 日本株は続落している。 先週の流れを引き継いだ格好で、相場全体がだらしなく下がっている。 元気なのは、せいぜい一部の証券やヘッジファンドなど、先物の売りなどで稼ぎまくっているところだけだろう。

 この20年ほど、ひとつのトレンドになってしまった感があるが、日本の機関投資家は恒常的に株式投資ポジションを引き下げてきている。 銀行は自己資本比率の規制が厳しくなっており、生保はソルベンシーマージンを高めなければならないので、機会ある毎に保有株を売ってきた。 今後もさらに引き下げることはあっても、買い増しに転じることはないだろう。

 年金は毎年の成績評価に追われた運用に縛られるから、株式投資の成績が悪かった年の翌年度は、慎重な運用姿勢でとかの合言葉で必ずといっていいほど株式投資ポジションを引き下げる。 長いこと低迷相場を続けた日本株市場に対して、彼らが積極的な買いに転じるなど、まず考えられないこと。

 まして、年金は少子高齢化もあって、これからは新規の積立額よりも給付額の方が大きくなる一途。 そうなると、どうしても株式投資ポジションは下がっていかざるを得ない。 つまり、積極的な株式投資はそう期待できないというわけだ。

 投信は相変わらず毎月分配型ファンドの設定販売に注力しており、株式関連のファンド設定は限定的である。 まあ、こちらは株価が相当に上昇してくれば、販売手数料稼ぎ目当ての大々的な株式ファンドの新規設定もあるが、遠い先の話だ。

 こうみてくると、日本株市場で前向きの買いを入れらるのは個人投資家だけとなる。 その個人も伝統的に、相場追いかけ型の目先張り投資家が圧倒的に多い。 彼らはいまのような先物主導の下げ相場で買い向かう投資など、先ず考えない。

 となると、外国人投資家以外にいま敢えて日本株を買おうという投資家は存在しないことになる。 そこで問われるのは、やはり個人の長期投資である。 どうせ預貯金に寝かしておいても、年0.02%にしかまわらないのだから、一部でも本格的な長期投資に向けてくれれば、もう十分もいいところとなる。

 悪いことはいわないから、黙って買っておこう。 企業を個別に選んで拾っておく限りにおいて、この安値は絶好のバーゲンハンティング機会である。 なに、心配は要らない。 われわれがどんどん買って下値が固まってくれば、目先張りの短期投資家達は放っておいても買いに来る。 彼らがガツガツ買いに来る地盤固めをしておいてやろうではないか。

 まだ下がりそう? われわれが買えば買うほど、下げの余地も小さくなっていく。 どうせ、長期的な株価の方向は上なのだから、どんどん買っておこう。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。