記事

安倍政権はシュールな超現実派路線。憲法9条改正案はその路線のラスボスだ。

1/3

 歴代の自民党政権は現実的政策を基本的に指向してきた。戦後殆どの期間政権を担当してきたのだからそれは当然であった。ただそれでも、現政権以前の歴代政権は、支持者層と共有している政治的理念や歴史的経緯、さらには世間に対する建前(世間体)などには常識的に配慮していたし、踏み越えるべきではない一線というものも意識してきた。

 また、田中政権の日本列島改造論、中曽根政権における国鉄民営化や間接税導入(これは頓挫)、小泉政権の郵政民営化など、その政治家の理念や信念に基づく将来に向けた政策が真正面から唱えられ、果敢に実現されたこともあった。

 しかし、現在の安倍政権の政策には、歴史的経緯や建前などに対する配慮や、保守政治家としての理念は覗えない。そこにあるのは、目の前の現実に対し,必要性のみをもって対処する、というきわめてシンプルな手法だけだ。シュールの域に達したともいえる超現実派路線が実践されてきたのだ。ここで注意しなければならないのは、安倍政権の政策立案の動機である「目の前の現実」は、日本社会の現実からくる要請だけではない、ということだ。

 そこには、第二次大戦後、陰に日向に強い影響力を持ったアメリカからの要請も「目の前の現実」の重要なものとして含まれている。そのことは、トランプ大統領の要求によって際限なく実用性に疑問のある高価な防衛機器を購入しているのを見ればよく理解されるところだろう(余談だが、その結果アメリカは今や事実上の宗主国のような振る舞いようだ)。

 現実だけを見据えた政策の反作用として、将来における不利益が当然起きる。これは安倍政権の政策に共通した弱点だ。

 だが,安倍政権の超現実派路線の最大の問題点は,そこではない。それは、政策導入目的の本当の意図を説明せずに言葉でごまかして、あたかもその政策がおいしいものだけでできているように見せかける,そういう不誠実な手法にある。その手法が常態化しているのだ。

 その例を上げれば枚挙に暇がない。

 まず最初の例がアベノミクス(≒異次元緩和)。大規模なマネー増発により日本人のデフレマインドに働きかけ,トリクルダウンにより庶民の懐も良くするというのがその謳い文句であった。

 しかしその実態は,円安誘導政策であり財政破綻回避政策であった。

 当時、国債発行額が年々増加して国債買入の主力であった民間金融機関の買入能力をやがて越えるであろうことは明らかになりつつあった。苦肉の策として、財務省に日本国債を海外に売り込むための課が設置された。国債の暴落も懸念され始め、三菱東京UFJ銀行が国債破綻に対するプロジェクトチームを作ったと報道されたこともあった。

 国債の買い手が不足し,国債がさばけなければ利回りは上昇する。そうなれば既発国債の暴落を呼んで国債を多く保有していた民間金融機関が次々と破綻することも危惧された。日本発のリーマン・ショック再来である。

 一方では、欧米が大規模な量的緩和政策を取る中,日銀のみが健全な政策運営を続けていたため,円高が続いていた。円高は国富の増大となるし,輸入物価の低下によって庶民の暮らしは楽になるので国民全体にとっては悪いことではない。しかし,輸出産業にとっては打撃である。

 その解決策となるのが「異次元緩和」であり,これを柱としたアベノミクスであった。しかし,この解決策は緊急のカンフル剤であるべきであった。この劇薬が安倍政権存続とともに継続し,将来の世代にとてつもなく大きな文字通りの負の遺産を残し続けてしまっている(「日本の社会は上手くいっているか?」参照)。そして日銀の国債保有残高は2018年末には444兆円にも達してしまった。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

  2. 2

    石破氏が固執する奇異な憲法解釈

    篠田 英朗

  3. 3

    文氏「日本の指摘は重大な挑戦」

    ロイター

  4. 4

    米国に泣きつく韓国の告げ口外交

    WEDGE Infinity

  5. 5

    自民議員「韓国は北朝鮮笑えぬ」

    城内実

  6. 6

    ドトールがスタバに勝る食品の質

    内藤忍

  7. 7

    徴用工 三菱重工の資産現金化へ

    AbemaTIMES

  8. 8

    政策の違い比較したイラスト話題

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  10. 10

    利用者混乱させる日本の電子決済

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。