記事

中国発改委が人民元の柔軟性拡大表明、市場に通貨体制変化の憶測


[上海 5日 ロイター] - 中国の国家発展改革委員会(発改委)が人民元の為替レートの柔軟性を高めると表明したことを受け、市場では5日、厳格に管理された通貨体制に変化が起きるのではないかとの憶測が飛び交った。

発改委は5日開幕した全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて報告書を公表。「引き続き為替レート形成メカニズムを改善し、人民元の為替レートの柔軟性を高め、クロスボーダーの資本フローに対する規制を強化するとともに、人民元の為替レートを合理的な水準で基本的に安定させ続ける」とした。

ANZの大中華圏担当チーフエコノミスト(香港在勤)、レイモンド・ユン氏は、市場は柔軟性拡大への言及について、人民元を巡る「通貨安競争」の受け入れを示唆していると解釈した可能性があると指摘した。

2月下旬には、米国政府が中国に対し、通商合意の一部として人民元を切り下げないという約束を求めていると報じられた。

しかし、ユン氏は5日付のノートで、中国の政策が大幅に変更されることはなさそうだと指摘。国は自由な資本移動、独立した金融政策、安定的な為替相場を同時に実現することはできないという「国際金融のトリレンマ」の原則に従えば、こうした変化には、クロスボーダーの資本フローが自由化される中、中国は人民元を変動相場制にすることが求められることになるとした。

同氏によると、中国の為替レート柔軟化政策は実際のところ2015年8月の人民元大幅切り下げで始まった。

国務院(内閣に相当)研究室の黄守宏・主任は5日、中国は為替政策を変更しておらず、人民元の柔軟性を高め続けていると述べた。

みずほ銀行のアジア外為担当シニアストラテジスト(香港在勤)、ケン・チュン氏によると、柔軟性に関する発改委の表明は、中国人民銀行(中央銀行)が介入を縮小する中、今年の人民元相場を下落させるよりも上昇させることにつながる可能性がある。

同氏は「われわれの解釈が正しければ、外国為替の柔軟性拡大は上下双方向というよりも、むしろ上昇一辺倒バイアスがかかるだろう」とした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。