記事

米グーグル、10月の総選挙前にカナダで政治広告掲載禁止へ


[4日 ロイター] - 米持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは、10月のカナダ総選挙より前に、同国での自社プラットフォームへの政治的広告の掲載を禁止する。

カナダでは、オンライン事業者に対して政治的な広告を掲載する際に登録を義務付ける法律が昨年末に成立した。

グーグル・カナダのパブリック・ポリシー責任者は、2019年総選挙の運動期間中、グーグルは同法の規制対象となる広告を受け付けないと説明した。

グーグルは広告の展開方針やシステムを変更して広告の掲載を遮断し、法律で定められた規制の範囲に収まるようにする。検索サービスや傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」など他のサービスは選挙運動期間中も継続する。

このニュースはカナダ紙グローブ・アンド・メール紙が最初に報じた。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。