記事

ユニバーサルミュージック買収候補に中国テンセントと米投資会社が浮上、オファー2兆円規模の可能性

世界最大のレコード会社ユニバーサル・ミュージック・グループの買収を目指して、中国のIT企業大手のテンセントが運営するTencent Musicと、米国の投資会社KKRが動いていると、ロイターが報じている。

買収の詳細は不明だが、最大50%の株式取得を目指す買収額はそれぞれ最大200億ユーロ(約2兆5340億円)にまで跳ね上がると見られ、巨額の資金がUMG買収で動きそうだ。

ユニバーサルミュージックの親会社であるフランスのメディア会社ヴィヴェンディは、ユニバーサルミュージック買収を主導する投資銀行の選択に入ったともロイターは伝えている。銀行は3月中に決定し、売却プロセスは2019年Q2(4-6月期)に始まる可能性が高い。

ヴィヴェンディではユニバーサルミュージック売却の交渉がすでに入札を希望する企業と非公式レベルで進んでいることも明らかになった。

ユニバーサルミュージックが発表した2018年の業績は、売上高がグループ全体で60億2300万ユーロ(約7,648億円)。2017年から10%と増加を遂げた。特に、音楽サブスクリプションからの売上高が顕著に成長に貢献している。前年比37.3%増の25億9600万ユーロ(3298億円)だった。

source:
Exclusive: KKR, China’s Tencent eyeing bids for Universal Music – sources (Reuters)

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。