記事

兄「そういうこと言わないの」妹「ちんちん、×××」障碍を持つ兄妹がどん底で見せる笑い 映画『岬の兄妹』

2/2
(C)SHINZO KATAYAMA

人間を見ているのだけど、もはやこの兄妹は人の姿をしたUMA(未確認動物)だ。雄叫び、食らい、咬みつく、潮くさい岬の街が生み出したUMA。このUMAが生き抜く為に暴走を始める。そして、世間体のフレームを突き破る随所で笑いが炸裂する。その笑いは、笑うに笑えないどん底で笑うしかない笑い、だ。

障がい者と笑いが隣接することに眉をひそめ及び腰になる人も多いだろう。なぜそういう感情を持ってしまうのか、これは「24時間テレビ愛は地球を救う」(日本テレビ)と「バリバラ」(Eテレ)のバトルにもつながるが、「バリバラ」派であれば「岬の兄妹」は気おくれせずに笑いの場面で爆笑できる傑作コメディだ。

作品に寄せられた著名人の推薦コメントに、この映画が「笑い」を根幹にしていることに及んだものがある。
目を背けたく、吐き気を催すほど悲痛な傑作喜劇  菊池成孔
あらゆることを吹き飛ばす笑いと生命の躍動  白石和彌
「岬の兄妹」が突きつける笑いには、生きる為に最低のぶざまを丸出しにした、人間の原初的な性(さが)が詰めこまれている。さらっと笑ってさらっと忘れるようなことなど出来ず、こびりついたら安易に消えない、そういう笑いだ。半減期がしぶとい。

(C)SHINZO KATAYAMA

そして、これらの笑いと常に背中合わせに在り続ける険しい現実。あの峻烈なラストが示唆する半歩先の世界にハッピーエンドなんかないだろう。一歩先が生死を分ける岬の突端は、あの兄妹をどこまでも追い詰めていく。笑うに笑えないどん底で笑うしかない笑い、その重みがハラワタでくすぶっている。

これがデビュー作という新人の片山慎三監督。作品の主柱を担うダメ兄貴を演じた松浦祐也。随所で最高の間が光った妹役の和田光沙。多くの映画人が嫉妬する作品であることは間違いない。

(C)SHINZO KATAYAMA

語り足りないことが多々あるが、そのわずかな補完に、この作品を薦めてくれた知人へ送った感想メールを貼り付ける。(※ネタバレ箇所は伏字にします)

「岬の兄妹」初日観てきました。
おすすめどおりの熱量に充ちた傑作でした。
どん底の日常の、岬の突端で「生きる」淵を彷徨う二人。

どうしようもない底辺の生き様に、
背中合わせでにじみ出る笑いがツボでした。

「ヤクザに妹が買われて×××××××」
「××××××をむさぼる食いざま」
「高校生に襲われ、××で逆襲」
「妹『×××、×××』 兄『そういうこと言わないの』 妹『ちんちん、×××』」

この映画のこの二人でしか描けない喜怒哀楽が詰まってましたね。
ああいうさびれた地方が舞台で、救いようのない日常でもがく映画は
近年だと「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)とかも傑作なのですが
概ねシリアスの枠内で人間を描いていた・・・。

現代の都会でのリアルな生きづらさでは、
「恋人たち」(橋口亮輔監督)も傑作でしたが
「岬の兄妹」は目をそむけられないリアルを突きつけて
それを囲っている枠を突き破った処に笑いがある・・・
みたいなことを感じました。

新人監督で、自主制作で、制作費300万円だとかで、
「カメ止め」以来の・・・という宣伝が回ってますが、
そう思って見に行くとエライ目に遭いそうですね(笑)
「カメ止め」のような広めのエンタメ映画ではないですしね。

それではまた、何かあったら教えてください。

松田健次

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。