記事

AI時代でも「生き残れる会社」の人材育成

1/2

■社内よりも「市場」での価値で勝負をする

【佐藤】AI(人工知能)の進展に伴い、これまで多くの優秀な人材を集めてきたメガバンクでもリストラや人員削減を行わざるをえない事態に直面しています。せっかく採用した優秀な人材を十分に使いこなせないままリストラの対象にするなんて本当に馬鹿げた話ですが、総合商社も対岸の火事ではないはずです。

作家・元外務省主任分析官 佐藤 優氏

どのようなかたちで構造的転換を図り、どう人材を育成していくのか。大きな経営課題なのではないでしょうか。

【國分】今後10年間で、我々がこれまで積み重ねてきた商社型のビジネスモデルがどれだけ生き残ることができるのか。その半分は消えてしまうのではないかという危機感を持っています。

そうした中、AI化に伴う変化によって、新しいビジネスモデルを生み出し、いかにプラスに転化させていくのか。そこで必要になってくるのが人材の多様性です。この多様性がなければ、本当のイノベーションは起こせない。そう考えています。

【佐藤】それは総合商社の問題だけではなく、日本政府、国家の問題でもありますね。

【國分】私も40年以上、商社パーソンとして働いてきましたが、総合商社というところは、ものすごく均質な人たちが多いのです。雰囲気や発想、行動も似ている。例えば、海外出張で飛行機に乗った際に、乗客を見て、「あの人は商社の人間だな」とだいたいわかってしまいます。それくらい雰囲気が似ているのです。

【佐藤】私も講演会に行くと、公安警察や公安調査庁、防衛省の情報本部の人間なのか、目つきだけでなく、立ち居振る舞いやメモの取り方でわかります(笑)。

【國分】つまり、そうした均質な人たちが集まった組織で、本当にイノベーションが起きるのか。確かに商社の経験という点では、まだ使える部分はあるのですが、もうそれだけでは足りないのです。

ここで言う多様性とは、単に女性活用を推進すればいいといった話ではなく、女性だろうが男性だろうが、どの国籍だろうが、価値観、文化、発想が異なる人たちが集まらなければ、革新的イノベーションは起こせないということなのです。

その意味でも、若い社員たちには日頃から、カンパニーバリュー(社内における価値)よりも、マーケットバリュー(市場における価値)で勝負をしなさいと言っています。これまではカンパニーバリューで勝負する人でも偉くなれましたが、これからはマーケットバリューの高い人をいかに会社の中に抱えていくかが大切になってくるはずです。

■「丸紅アカデミア」で人材を育成

丸紅社長 國分文也氏

【佐藤】そうした人材を、どのように育成していこうと考えていますか。

【國分】その一環として、2018年4月から丸紅アカデミアというプログラムをスタートしています。期間は1年で人数は25人。拠点は東京とシンガポールです。プリンシパルにはシンガポール政府投資公社(GIC)の元幹部に務めてもらいます。

丸紅のプラットフォームを使って、社内の人材がどう化学反応を起こせるのか。そのヒントになる実地の教育をやろうということです。

【佐藤】それはすごく面白いですね。実は、私も日本の外務省にそうしたアカデミーをつくりたかったのです。

丸紅アカデミアではGICの元職を入れるそうですが、実はこれがすごくポイントになってくるはずです。それはなぜか。元職には今の情報は入ってきませんが、エリートの文法がわかっているからです。もし文法がわからなければ、いくら情報を入手しても“情報を読む”ことはできない。現職の人は守秘義務があり、どうしても必要以上に抑制的になるのですが、元職は情報を意外と自由に読み解いてくれるでしょう。

もうひとつ、お伺いしたいのは、どうすればプロジェクトで失敗しないのか。あるプロジェクトが、将来性のあるイノベーションなのか、それともおかしいのかを、どうやって見抜くかということが重要になってくると思うんです。

【國分】日本人はプロジェクトを、非常に楽観的な予測に基づいて進める傾向がありますが、私は悲観的な予測も同時に用意しなければならないと考えています。収集した情報を、科学的に分析し、最悪のケースにも備えておく。情報が溢れている中で、確度の高い情報をどう見極めていくのか、訓練と技術が必要ですが、日本人はそうしたアプローチが非常に苦手なのではないかと思います。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  5. 5

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  6. 6

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  9. 9

    丸山議員の姑息な論点すり替え

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。