記事

ゴーン被告家族の弁護団、勾留巡り国連に人権侵害訴え


[パリ 4日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>前会長、カルロス・ゴーン被告の家族の弁護団は、勾留が長期化する中で同被告の基本的人権が侵害されていることを訴える文書を国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に提出した。弁護士が4日、明らかにした。

ゴーン被告の勾留は昨年11月19日の逮捕後から続いている。

26ページにわたる文書では、ゴーン被告が逮捕された状況や勾留中の環境などについて弁護団の懸念が記されており、弁護士は「基本的人権の侵害」を明らかにしたと述べた。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  5. 5

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  9. 9

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。