記事

原子力事故から8年 福島第一原発の現場取材で見えた廃炉の進展と山積する課題

1/2
北側の太平洋沿岸から眺めた東京電力福島第一原発。廃炉に向けて課題は山積している=長屋陽撮影

地元のテレビ局が撮影した1号機の爆発の瞬間の映像や、東京消防庁の職員による決死の注水活動、さらには劣悪な作業員の労働環境――。2011年3月の東京電力福島第一原発事故当時の混乱ぶりは、多くの人の記憶に残っているだろう。

原発事故では大気中に大量の放射性物質が拡散し、現在も4万人以上が避難生活を余儀なくされている。事故が起きた第一原発では、原発を解体する廃炉が完了するまで、原発事故の発生から数えて30年以上がかかる見通しだ。

史上最悪レベルの事故が起きた現場では、廃炉作業がどのように進められているのか。事故当初と比較して、何がどう変わったのか。

第一原発構内を訪れてみると、労働環境は格段に改善が進んだ一方、原子炉内で溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しなど廃炉に向けた課題が山積する現状が浮かび上がった。原発事故から丸8年を迎えるのを前に、世界から注目が集まる廃炉作業の現場をレポートする。【岸慶太】

立ち入りが制限された帰還困難区域内を走る国道6号

福島第一原発につながる国道6号。民家への出入り口はバリケードでふさがれていた

第一原発の取材当日。東電から指定された集合場所は、第1原発から南に約9.5キロ離れた東京電力廃炉資料館(福島県富岡町)だった。東電が用意したバンに乗り込み、「浜通り」と呼ばれる県沿岸部を南北に走る国道6号線を北上した。

資料館を離れて間もなく、放射線量が高く現在も立ち入りが厳しく制限されている「帰還困難区域」に入った。ガラスが崩れ落ちた自動車販売店やゲームセンターが車窓に映り、沿道の民家への入り口はバリケードで封鎖されていた。事故から8年近くが過ぎた今も、こんな光景が続く。途中、他府県警察から警備活動の応援に来ているパトカーとすれ違った。

第一原発敷地内に到着したのはバンに乗ってから20分ほど。思いのほかに軽装の作業服姿の東電や協力企業の社員らばかりが行き交い、世界が注目する廃炉作業の現場とは思えず、活気のようなものすら感じた。

体内の放射性物質を事前確認 テロ対策に緊張感

入退域管理施設では出入りする作業員の被ばく状況を厳しく管理している=長屋陽撮影

第一原発構内をアテンドしてくれる東電社員と合流して案内されたのは、構内への立ち入り者の管理を行う「入退域管理施設」だ。担当の男性から名前を呼ばれ、東電側へ事前に伝えていた氏名や住所、生年月日と、持参した身分証明書を照合して違いが無いかのチェックを受ける。

取材の前日には東電の社員から「身分証明書を絶対に忘れないように」と、念押しの連絡をもらっていた。万が一、身分証明書を忘れると、入構は許可されないそうだ。持ち込む取材用カメラもあらかじめ機種を申告し、1台のみに限られていた。そんなセキュリティーの厳格さで、不審者の進入を防いでいる。

第一原発構内への立ち入り前後で体内の放射性物質の種類と量を比較するWBC=長屋陽撮影

無事に入構を済ませると、ホールボディ・カウンタ(WBC)による検査を受けることになる。1分間椅子に座って、特殊な機材で体内の放射性物質の種類や量を体外から測定する。WBCは構内を退出する際にも受検し、滞在前後の被ばく量を比較する。

「遠い存在であってほしい放射性物質が身近なものになる。そんな空間に踏み入れるのだ」。じっと座っているうちに、そんな実感がわいてくる。

目の前の小型スクリーンには、構内で不審物や上空を飛び交うドローンなどを発見した際の通報を呼び掛けるスライドが映し出されていた。フェンスや監視カメラ、警察による警備状況が写る構図の撮影が禁止されていることも示され、並々ならないテロ対策の様子に緊張感が込み上げてきた。



「お疲れ様です」。作業員とすれ違うたびに、東電社員が大声で挨拶する。作業員の年代は様々だ。20代とみられる人もいたが、ほとんどが40~50代のように感じた。こわもてな感じの人もいたが、ほとんどの人は街中にいそうな中年男性だ。東電社員に挨拶を返す作業員の姿を見ると、一人一人の奮闘が廃炉という一大プロジェクトの成否を握っていることを実感させられる。

さらに建物内を進むと、原発事故から時間が経って作業員を取り巻く環境が大きく改善されたことを実感できた。歩いているのはどこにでもある工事現場にいそうな格好の人ばかりだ。事故直後は構内全域で防護服の着用が義務付けられていた。一方で、除染作業や、地表面をモルタルで覆って放射性物質の拡散を防ぐ「フェーシング」と呼ばれる作業が徐々に進んだ結果、現在は、簡素な作業服で作業できる「G zone(一般服エリア)」が構内の96%を占めるようになった。

ただ、被ばく線量が高いエリアは「Y zone(カバーオールエリア)」、「R zone(アノラックエリア)」と指定され、防護服の着用など今も厳しい装備が定められている。

上限は0.1ミリシーベルト 被ばく線量を徹底管理

東電から配布された線量計について説明を受けた。0.1ミリシーベルトが一日の被ばく線量の上限だ=長屋陽撮影

15年6月に完成した大型休憩所内の食堂で休憩を終えると、東電社員から建物外の原子炉建屋の取材について説明を受け、取材中に身に付ける衣服を渡された。薄い白色のベストに、防塵マスク、さらにヘルメット、軍手に二重履きの靴下と、簡素そのものだ。ベストの左胸のポケットには、ピンク色の個人線量計を入れた。

取材や視察の場合の被ばく線量の上限値は1日当たり0.1ミリシーベルト(=100マイクロシーベルト)だ。東京からニューヨークに飛行機で向かった場合の片道分にあたる。東電側は毎回、被ばく線量が確実に上限値を下回るような視察工程を組み、0.02ミリシーベルトごとに警報音が鳴る仕組みになっているという。

さくら通りでは今も春になると約400本の桜が花を咲かせる=長屋陽撮影

いよいよ建物外に出て、案内されたのは「さくら通り」。事故前は1000本以上のソメイヨシノが植わり、住民を招いた花見も催されてきた。

ところが、原発事故後は、廃炉作業を進めるために大半が伐採され、現在は400本まで減ってしまった。それでも、春には花を咲かせるという。

原子炉建屋までわずか100メートル それでもマスクとヘルメットは不要

「Tsunami」と刻まれたプレートが津波が到達した高さを伝えていた=長屋陽撮影

マイクロバスに乗り込んで、構内をゆっくりと進んだ。作業用の車などが整然と並ぶ光景が車窓に映り、事故当時の混乱ぶりを思うと時間が経過したことを実感した。

早速向かった先は1~4号機の西側に設けられた高台。わずか100メートル先にあの原発事故を起こした原子炉建屋が並ぶ。巨大な建屋の下では、大型クレーン車を使った作業が着々と行われ、防護服姿の作業員が小さく目に映った。

高台は事故直後、決して立ち入ることができなかった場所だったが、昨年11月からはマスクやヘルメットを着けずに建屋を見渡せるようになった。フェーシング作業に加え、空間放射線量の自然減衰もあって、線量が低下していったためという。「あの事故を起こした原子炉が間近に存在する」。廃炉作業がわずかながらも着実に進展していることを感じられた時間だった。

高台からは約100メートル先に水素爆発を起こした3号機が見える=長屋陽撮影

第一原発には大熊と双葉両町にまたがって6基の原子炉建屋がある。原発事故では、大熊町側にある1~4号機のうち、1~3号機が全交流電源を喪失して原子炉を冷却できなくなり、炉心溶融(メルトダウン)が発生した。

1、3号機が11年3月12、14日にそれぞれ水素爆発を起こしたのに続き、定期検査中だった4号機も3号機から放出された水素が流れ込んで爆発。2号機もメルトダウンによって使用不能となった。

4号機は、燃料の溶け出しがなかったため、1535体の燃料がすでに取り出されている。一方、1~3号機は使用済み燃料プールの中に残る燃料、溶け落ちたデブリの取り出しなど課題が山積し、放射線量は非常に高い状況が続く。廃炉完了の目標は2040~50年ごろとしている。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブン離れ進む? PayPay導入なく

    永江一石

  2. 2

    北の資金源でなくなったパチンコ

    宇佐美典也

  3. 3

    瀧逮捕 NHK撮り直しは受信料ムダ

    上伊由毘男

  4. 4

    ゴマキ不倫 夫の愛に感じる怖さ

    女性自身

  5. 5

    堀江氏「リクルートは情弱商売」

    MAG2 NEWS

  6. 6

    内田裕也死去 代表曲なき帝王

    常見陽平

  7. 7

    豪州の慰安婦像問題 黒幕は中国

    MAG2 NEWS

  8. 8

    害だけ? 固定電話不要論が加速

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ピエール瀧への制裁求める危険さ

    AbemaTIMES

  10. 10

    大麻に出馬…裕也さんのRock人生

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。