記事

〈多文化〉韓国を生きる 難民・イスラーム・フェミニズム - 田浪亜央江 / 中東地域研究・パレスチナ文化研究

1/4

1.済州島(チェジュド)

歳末の街頭募金を呼びかける救世軍の鐘が耳の奥底まで響くのを感じながら、私はソウルから高速バスで100キロあまり離れた町に向かった。2018年10月に済州島で出会ったイエメン人ラムズィー(仮名)に会うためである。その1か月後、済州から移動してきたばかりの彼にソウルで再会したとき、何だか弱気になっているように見えて後ろ髪を引かれた。私が日本に戻ってからしばらくは連絡も途絶えがちになったが、今回ソウルに戻ってきたことを知らせると、自動車工場で働き始めたから絶対に会いに来いという返事がすぐに来た。

2018年に入るまで、誰にとっても「済州島」と「イエメン」は、直接結びつく地名ではなかったはずだ。突如、済州島の歴史などまったく知らないであろうイエメンの男たちが、自身の移動によってこの二つの場所のあいだに見えない線を引いた。イエメンを舞台にサウジアラビアとイランが代理戦争を行うなか、命の危険を感じた彼らが向かったのが、観光推進のためノービザで1か月滞在できる制度をもつ済州島だった。

10月半ばの週末、私は済州島にやって来たイエメン人に会いたいという思い一つで済州空港に降り立った。学術調査でもなければ取材でもない、プライベートな旅の体裁である。そうでなければならないような気がしていた。積極的にそうしたというよりは、どんなスタンスで彼らと向き合えるのか、よくわからなかったからである。

2018年4月から5月のあいだに済州島でイエメン人難民申請者の数が急増して韓国中で大騒ぎとなり、メディアでは連日討論がなされ、入国禁止しろという請願が青瓦台に数十万筆寄せられた。とくに保守的なプロテスタント団体の振りまく「多文化」反対の主張がイスラームへの大衆的恐怖心を利用するのに成功し、強い意見を持たなかった市民社会も耳を傾けるべきものとしてメディアが扱い始めた。韓国政府はイエメンをノービザでは入国できない国のリストに加え、島のイエメン人たちが韓国本土に移動することを禁じる出島禁止措置を出した。その一方で、「済州島だけに負担を押し付けるのか」といった反発も出始めていた。

その後インターネットを中心にこのことを伝える日本語の記事も出てきて情報は増えたが、読めば読むほど気持ちはざわついた。いわく、済州島のノービザ制度を利用して入国する外国人は観光客ばかりでなく、難民申請をすることで滞在許可を得て働くことを目的にしている者も多く、外国人に仕事を奪われたと感じる韓国人の排外意識も高まっている。イエメン難民に関しては、女性や子どもへの性的搾取が伝えられるISや、イエメンの「慣行」とされる幼児婚のイメージから、むしろ「リベラル」な層やフェミニストのなかで懸念する声がある、等々。

イエメン難民に対し同情的なレポートは、韓国社会をことさら「外国人に対して不寛容」なものに描いて見下すような視線を感じさせ、他方、彼らの急増に困惑する韓国社会に同情して見せる文章のなかには、「だから日本も気をつけろよ」というメッセージを埋め込んだものものある。

済州島に着いてから私が人づてにアクセスしたのは、済州市の東門在来市場近くの中央聖堂だ。市場の薄暗く狭い路地に慣れた目に、いきなり広い空間と立派な聖堂が飛び込んできて驚かされる。聖堂の脇に、教会の運営する家族支援センターがあった。3階にある診療室の手前の待合室では、ひっきりなしに人が出入りしている。外国人を対象とした無料診断の日だという。東南アジア出身者だと思われる顔のなかに、パキスタン人やインド人の男性がいた。

受付にいるのは韓国人男性を夫に持つベトナム人とフィリピン人の女性で、ボランティアで非韓国語話者向けの応対をしている。日曜日は教会で14時から英語によるミサがあり、15時からここで歯科医師による無料診療を行っているという。2015年7月に、おもに母親を東南アジア系外国人とする家庭の支援センターとしてオープンし、必要に応じて外国人労働者の支援にも手を広げてきた。そんななか突然イエメン難民の急増を受け、対応に追われるようになったという。

数軒離れた建物のなかには、日用雑貨や服の無料頒布コーナーがある。寄付で集められた服がびっしりとハンガーに掛かり、品数は多い。しばらく見入ってから、イエメン難民支援の中心となっているシスターやセンター長らに話を聞くために3階のフロアーに上がる。ここではベトナム人やフィリピン人の母親をもつ子どもの学習支援をしているほか、毎日韓国語のクラスを開いており、イエメン人の参加もあるという。 

入り口にアラビア語で張り紙がしてある。「マルキズ・ナオーミー(ナオミ・センター)」。自分の夫と息子亡き後、嫁であり異国モアブの人であるルツとともに生きた旧約聖書中の女性「ナオミ」の名を取ったのだろう。確認するとセンター長のキム・サンフン氏は大きく頷く。――ナオミがルツに対して行ったように、私たちも彼らにそうしたいという願いを込めました。朝鮮戦争を経験し、多くの孤児を養子として国外の家庭に受け入れてもらった韓国人の多くは、イエメン難民を韓国社会に受け入れたいと思っています。しかし支配者たちはムスリムのテロリスト・イメージを利用し、排外主義を助長しているのです。

このセンターではイエメン難民に対し、医療支援や生活物資の配給のほか、住居探しや仕事探しを含めた生活全体のサポートをしてきた。彼らの半数ほどが現在、済州島の中で漁業や農業、食堂での仕事に就いているが、すべて臨時の仕事だ。今はミカンの収穫期だから、一時的に仕事はあるけれど、これから冬になるにつれて厳しくなるだろう、という。

「ナオミ・センター」と書いたアラビア語の張り紙と「ようこそ」の意を示すハングル(済州島にて)

ラムズィーに会ったのは、このセンター周辺の路上だった。他のイエメン人と3人で座り込んでいたところを話しかけてみた。私がアラビア語を話すことを喜んでくれ、すぐに打ち解けた。聞きたいことは山ほどあったが、彼らのほうこそ、こちらに対して聞きたいことがたくさんあった。

「日本は俺たちを受け入れてくれるか?」「日本には仕事あるか? 日本の1か月の給料はいくらだ」「日本人と結婚したい。誰か紹介してくれないか」「日本のメディアは俺たちのことをどういうふうに言ってるんだ?」 …私にはとっさに返事をする用意がない。残念ながら、日本には期待できない、難民申請に対する韓国の受け入れ割合はとても低いが、日本はもっと低い。そもそもそう簡単に日本に入れない。私が日本からあなたがたの招聘状を書けって? 申し訳ないが、そんなことは無理だ。…あとは謝るか、否定的な言葉を重ねるしかなくなる。

ラムズィーは自分のズボンを上に引っ張って、脛を見せた。銃で撃たれた跡がある。こっちにもあるよ、ともう一方の足を見せ、今度はわき腹の傷を見せた。「フーシー派にやられたんだ。イエメンでは生きていけない。戻れば殺される。俺たちは難民なんだ」。

妻と3人の子どもを残して来たという。イエメンでは電気技師として大きな企業に勤めていたと言い、スマホを開くと、オフィスでポーズをとるスーツ姿の自分の写真を私に見せた。

「いいんだ、ありがとう。会えてうれしかったよ」。この言葉に何とか救われ、両手に荷物を下げて一緒に住むアパートの方向に向かう彼らを見送ることができた。 

あわせて読みたい

「難民」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  3. 3

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  4. 4

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  6. 6

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  7. 7

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  8. 8

    原発なくとも東電の電力は余裕

    かさこ

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    山本太郎氏は都知事選に出るべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。