記事

米韓合同演習廃止で同盟すらディールで切り捨てるトランプ大統領〜そしてその米韓演習廃止を喜ぶ韓国大統領の絶望的無能さ

1/2
米韓両政府は2日、ハノイで開かれた米朝首脳会談を受け、毎年春に実施してきた米韓合同の野外機動訓練「フォールイーグル」と指揮所演習「キー・リゾルブ」を廃止すると発表しました。 

トランプ大統領は朝鮮半島の非核化に向けた米朝協議を継続する姿勢を強調する狙いがあり、アメリカの提案に北朝鮮に友好的なシグナルを送りたがっていた文在寅(ムンジェイン)韓国大統領が飛びついたという所でしょう。

(関連記事)
朝鮮半島の緊張緩和へ」目的に 米韓定期演習の廃止
https://mainichi.jp/articles/20190304/k00/00m/030/029000c
ここでひとつ着目すべき点は米韓大規模演習を「中止」ではなく「廃止」と将来に渡り行わないことを表明した点です。

米韓は両演習に代わり、規模を縮小した形で合同演習を実施する方針ですが、定期的な大規模演習を廃止することで、即応能力が著しく低下することは必定です、韓国軍および在韓米軍の能力低下は北朝鮮に対する何よりのプレゼントになりましょう。

さて文在寅韓国大統領は無邪気に喜んでいるかも知れませんが、今回のトランプ大統領による米韓軍事演習の未来永劫の「廃止」決定のその本心を正しく読み解くとき、はたして手放しで喜んでいいのか事態はもう少し深刻です。

本件でトランプ大統領は例によってツイッターでささやきます。

上記毎日記事より当該部分を抜粋。
トランプ米大統領は3日、ツイッターで「韓国との合同演習を望まない理由は、膨大な金がかかるからだ。私は大統領になる前からそう主張してきた」と強調。「また、この時期に北朝鮮との緊張を緩和するのはいいことだ」とも指摘した。
要するに膨大な金がかかるのが「廃止」の理由の第一であり北朝鮮との緊張を緩和はついでであることを明かしています。

ここでこのトランプ発言を取り上げている毎日記事をリテラシしましょう。

ツイッターによるトランプ発言のソースはこちら。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  3. 3

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  10. 10

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。