記事

ファーウェイCFO、逮捕前の取り調べは違法としてカナダ政府提訴


[オタワ 3日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟最高財務責任者(CFO)が昨年12月の逮捕前に3時間拘束され、取り調べを受けたのは憲法上の権利の侵害にあたるとして、同氏の弁護団はカナダ政府や国境警備当局、連邦警察を相手取り訴訟を起こした。

カナダ当局は12月1日に米国の要請で孟氏を逮捕。米司法省は1月末に同氏を米国の対イラン制裁に違反する取引に関与した疑いなどで起訴した。

孟氏の弁護団はブリティッシュコロンビア州の裁判所に1日、訴訟を提起。カナダ当局の職員らが同氏から証拠や情報を手に入れた際の手法には「権利と自由に関するカナダ憲章」に対する深刻な違反があったと主張した。

また、カナダ国境サービス庁(CBSA)は逮捕前に証拠を引き出すために逮捕状の執行を故意に先延ばしして違法に孟氏を拘束し、所持品を調べ、取り調べを行ったとした。

カナダの連邦警察である王立カナダ騎馬警察(RCMP)は空港で「違法な」拘束を3時間続けた後、初めて逮捕状を執行したという。

カナダの司法省とRCMPはこれまでのところコメントしていない。CBSAは係争中の案件についてはコメントしないとした。

カナダ政府は1日、孟氏の米国への身柄引き渡しに関する審理を許可。現在保釈中の同氏は6日にバンクーバーの裁判所で開かれる審理に出廷する見通し。中国政府はカナダの決定を非難し、孟氏の釈放をあらためて求めた。

訴状によると、孟氏は拘束された際、所持していた電子機器全てとパスワードの提出を指示され、CBSAの職員らが違法に電子機器を開いて内容を調べたという。孟氏の荷物の中身も調べられており、プライバシー権が侵害されたとしいる。「通常の税関あるいは出入国検査を装って調査が行われており、CBSA職員らはその権限がないことを承知していたか、その事実を無謀にも軽んじたかどちらかだ」としている。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    肺炎の買い占め騒動はまだ序の口

    田中龍作

  2. 2

    よしのり氏 休校は英断ではない

    小林よしのり

  3. 3

    クレベリンの機内持ち込みは不可

    和田政宗

  4. 4

    コロナ対応にみるリーダーの素質

    室橋 祐貴

  5. 5

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  6. 6

    不正確な情報による買占めやめよ

    内藤忍

  7. 7

    結婚式のキャンセルで高額負担も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    ウイルスより速い情報の感染爆発

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。