記事

安倍総理の口から出まかせ発言がエスカレート! 「私が国家」と述べる総理の危うさ…

1/2

 今年の通常国会が召集され1ヶ月が過ぎ、先週末に来年度予算案が衆議院を通過しました。国会召集当初は毎月勤労統計の不正調査問題で、国会審議が滞るだろうと思われていました。しかしながら、予算委員会が始まってみると、予想通りではありますが政府は必要な資料を出し渋り、調べれば直ぐに分かるようなことでも、ちゃんと答弁をせずにしばしば審議が中断。質問に答えられなくなって止まっているのに、予算委員長は時間を止めず、野党の質問時間を浪費し、結果、与党側は審議時間が積み重なってきたからと採決を強行したのです。

 これではまともな議論になりません。聞かれたことには正面からちゃんと答え、聞かれていないことを長々と話し続けることは止めて欲しいと思います。

 その中でも私が最近特に問題だと感じているのは、安倍総理の口から出まかせの答弁が多くなっていることです。しかも、明らかに事実と異なることを堂々と発言し、事実と異なることを指摘されても、言い訳にもなっていない言い訳を言って、決して訂正したり、取り消したりしなくなっているのです。今日はその幾つか実例を示して、事実はどうであるのか、安倍総理の言い訳が如何に理屈の通っていないおかしなものであるのかをご紹介しようと思います。

あそこのサンゴとは、どこのサンゴか

 安倍総理の嘘は新年早々から始まります。1月6日のNHK日曜討論に出演した安倍総理は、辺野古の新基地建設についての発言の際に「土砂を投入していくに当たってですね、あそこのサンゴについては、移しております。」と述べました。この発言に地元、沖縄の方をはじめ、私含めて辺野古新基地建設の反対運動に関わってきた者はみんな大変驚きました。なぜなら、辺野古の新基地予定地のサンゴはまだ移植されていないからです。それにもかかわらず、NHKという公共放送を使って、明らかな嘘を総理大臣が堂々と発言したことに唖然としました。昨年末から辺野古では、大浦湾を護岸で囲った閉鎖された区域の一部で埋め立てのための土砂の投入が始まりました。これまでサンゴの移植は、9体行われたのは事実です。

 しかし、護岸で囲われていない大浦湾側には7万4千群体もの移植対象のサンゴがあり、これはまだそのままの状態にあるのです。普通に考えたら「あそこ」のサンゴと言われたら、辺野古の基地建設予定地全てのサンゴと受け止めると思いますが、安倍総理の言い訳は違いました。「土砂を投入していくに当たって」と言っているので、護岸で閉鎖している区域のサンゴのことだというのです。

 ところが、これも正確ではなくて、護岸で囲っている区域は二つの区域に分けられており、既に移植されたサンゴ9体があったのは、現在土砂が投入されていない方の区域のサンゴであって、現在土砂を投入している区域には移植対象のサンゴは1体もなかったのです。ここで、安倍総理が防衛省から一体どのような説明を受けていたのか説明した際の資料の提供を求め、問い質したら、なんと、「資料を示して説明は行っていない、他の事項の説明の際に合わせて口頭で説明した」と答えてきたのです。

 つまり、安倍総理は正確な事実を把握せず、ざっくりとした印象だけでこの発言をしていたということになります。

 野党側からは、仮に安倍総理は護岸で仕切られた区域のサンゴの事だけを話したというのであれば、新基地建設予定地全てのサンゴが既に移植されたものと誤解した国民も多くいるので、説明不足で誤解を与えたなら申し訳ない、と発言を訂正したらどうかと批判することなく求めても、頑として発言の撤回も訂正も応じませんでした。

 そもそも移植対象のサンゴは、一定の大きさ以上のもの等限られており、正確に言えば、移植対象のサンゴを移植するというだけのことです。更に言えば、移植すれば自然環境は守られるのか甚だ疑問だということです。

 辺野古の新基地建設と同じように、沖縄県の海を埋め立てて造られた那覇空港の滑走路増設工事に当たって、小型サンゴ3万7千群体、大型サンゴ37群体を移植していましたが、3年後、大型サンゴは全て生存していましたが、小型サンゴの生存率は41%と半分以上が死滅してしまっているのです。

 自然環境を守る為にサンゴを移植するのですから、移植しても生存できないのでは方法として適切ではありません。このことも正確に説明がされていないと思います。

 つまり、基地の建設を止める以外に自然環境を守る方法は無いのです。軟弱地盤で7万本もの杭を打つ追加工事をしないとならない事態になったことを考えても、あそこに基地を作るのは現実的ではありません。

 ここで立ち止まる勇気を持ってもらいたいです。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  2. 2

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  3. 3

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  4. 4

    イランによる船襲撃としたい米国

    猪野 亨

  5. 5

    安倍政権に逆風 同日選が再浮上

    PRESIDENT Online

  6. 6

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  7. 7

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  8. 8

    百恵さん 素顔撮影で復帰に期待

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現実見えぬ文大統領の致命的鈍さ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    噂の人物 正体は米軍最強シェフ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。