記事

『ポツンと』躍進が示す2時間特番へのNO、1時間番組復権へ

【躍進する『ポツンと一軒家』(公式HPより)】

 バラエティー番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が躍進している。それとともに、「1時間番組の復権」とも言える状況が明らかになっている。その背景についてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】『イッテQ』イモトの意外なプライベート姿をキャッチ!

 * * *

 2月24日の放送で『ポツンと一軒家』が視聴率16.4%を記録し、バラエティーのトップを走り続ける『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の16.3%を上回ったことが話題となっています(ビデオリサーチ、関東地区)。

 ただ両番組の差はわずかであり、2月18日~24日の一週間に放送されたバラエティーの中で、視聴率ランキングは2位と4位であり、「どちらが勝ち」というより「どちらも勝ち」と言える結果でした。

 特筆すべきは、両番組が日曜20時台という同じ時間帯であること。同じ時間帯にそれだけ多くの人がバラエティーを見ていたことの証であり、テレビ業界にとって明るい兆しと言えます。

 さらに注目したいのは、両番組ともに1時間番組であること。2010年代に入って「特別感を出すため」「一定の視聴率を確保するため(視聴率ダウン防止策)」「経費削減のため」などの理由から、各局が一年中“2時間特番”を放送するのが当たり前となった中、通常の1時間番組が支持されているのです。

◆視聴率ランキングでは1時間番組が圧倒

 先述した視聴率ランキングのトップ10を見てみましょう。

1位『笑点』(日本テレビ系、30分)17.9%

2位『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系、1時間)16.4%

2位『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系、1時間)16.4%

4位『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、1時間)16.3%

5位『チコちゃんに叱られる!』(NHK、45分)再放送16.2%

6位『チコちゃんに叱られる!』(NHK、45分)14.8%

7位『有吉ゼミ チャレンジグルメ 冬の大波乱SP』(日本テレビ系、2時間)14.3%

8位『笑ってコラえて!冬SP』(日本テレビ系、2時間)14.2%

9位『嵐にしやがれ』(日本テレビ系、1時間)13.9%

10位『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系、1時間)13.8%

 10本中8本が1時間以下の番組であり、8位の『笑ってコラえて!』も今回はたまたま2時間というだけで、通常は1時間で放送し続けています。ちなみに先週と先々週は10本中9本が1時間以下の番組であり、支持を集めている様子がわかるのではないでしょうか。

 現在、「プライムタイム(19~23時)で放送されているバラエティーの約半分が2時間以上の番組」と言われる中、1時間番組が結果を出しているのです。

 これまで業界内では、「1時間番組がいいのではなく、『日本テレビのバラエティーが強い』というだけ」と言われてきましたが、昨秋にスタートしたばかりの『ポツンと一軒家』がその見方が正しくないことを証明。今後の番組編成に一石を投じているのです。

 では、なぜ1時間番組が結果を残しているのでしょうか?

◆“2時間強特番”は弱者の戦略

 その答えはシンプル。もともと1時間番組のほうが見やすく、視聴習慣が定着するなど、固定客を囲い込みやすいから。「毎週〇曜日の〇時はこの番組」という認識を根づかせ、愛着を抱いてもらうには、“隔週2時間特番”ではなく、“毎週1時間番組”のほうがいいということです。

 たとえば、ドラマが録画・保存されがちなコンテンツにも関わらず、いまだ10%以上の視聴率を得られるのは、「毎週〇曜日の〇時はドラマ」という認識や愛着があるからであり、その重要性はバラエティーも同じ。また、ネットの接触時間が長い若年層も、「2時間より1時間以下の番組のほうが気軽に見られる」という短尺志向のため、取り込みやすいのです。

 もちろん各局の人々が、それを理解していないわけではありません。『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』が並ぶ日本テレビの日曜夜、『爆報!THEフライデー』『ぴったんこカンカン』『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が並ぶTBSの金曜夜のように、「2時間特番より、1時間番組を2~3本並べるほうが強い」ことはわかっているのに、踏み切れないのです。

 そもそも“隔週2時間特番”という戦略は、マーケティングの観点から見ると消極策。冒頭に挙げた「特別感を出すため」「一定の視聴率を確保するため(視聴率ダウン防止策)」「経費削減のため」などの理由を見ても、強者に対抗するために考えられた弱者の戦略であることがわかります。

 しかし、2時間特番を乱発した結果、「特別感が薄れた」「隔週放送のため視聴習慣が根づかない」「若年層などの新たな視聴者を取り込みにくい」など浮上の気配はありません。

『ポツンと一軒家』を放送しているテレビ朝日は、もともと日本テレビへの対抗策として連日の2時間強特番化を進めた、言わば先駆けのような存在。そのテレビ朝日が1時間番組に回帰して成功を収めたことが、今後各局に影響を与えるでしょう。

 多くの視聴者が「1時間番組を求め、2時間強特番はときどきでいい」と思っているのは明白。各局が「勇気を持って1時間番組に回帰し、かつ、辛抱強く続けていけるか」がテレビ業界やバラエティーの未来を左右するのではないでしょうか。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「テレビ業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  2. 2

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  3. 3

    休業要請 ネカフェ難民どうする?

    水島宏明

  4. 4

    リーマン当時と違う業界別壊滅度

    Chikirin

  5. 5

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  6. 6

    専門家組織がたばこ生産停止要請

    ロイター

  7. 7

    都からの移動者 厳しい対応必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  10. 10

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。