記事

【衆院予算委】政府予算の締めくくり質疑に渡辺議員、階議員、西岡議員が登壇



 衆院予算委員会で1日に行われた2019年度政府予算3案の締めくくり質疑で、国民民主党からまず渡辺周議員が質問に立ち、安倍内閣の姿勢を厳しく問いただした。

 渡辺議員は安倍総理に米朝首脳会談終了後の2月28日にトランプ大統領と行った電話会談の内容を確認した。また、安倍総理が「次は私自身が金正恩(キム・ジョンウン)委員長と向き合わなければいけない」と発言したことについて、拉致問題について何らかの手応えがあったのかをただし、今後の訪朝を含めた交渉方針をわが国が主体となって進めていくよう進言した。

 統計不正問題では、総務省の担当者が本人に無断で作成した、総務省統計委員会の西村委員長が国会への参考人出席に難色を示しているかのような文書を野党に示したことについて総務省の責任を追及し、石田総務大臣に「参考人に敬意を払ってほしい」と強く批判した。また、安倍総理に省庁横断的に統計不正問題の全容解明を求めた。

 次に登壇した階議員は、ポイント還元関連予算(キャッシュレス・消費者還元事業の消費者への還元、約1786億円)の積算根拠が甘く、金額が上振れする可能性を指摘した。世耕経産大臣は積算根拠には答えず、予算を1カ月、3カ月毎にレビューして対応していくと答弁した。

 ポイント還元の影響で総務省の家計調査の消費支出が上振れする可能性や、GDPの家計最終消費支出と名目家計消費指数の動きが2015年頃から大きく乖離するようになったことなどについても言及した。

 質疑終局後に討論が行われ、国民民主党からは西岡秀子議員が反対討論を行った。

 西岡議員は、毎月勤労統計をはじめとする統計不正問題は、政策立案の根底を揺るがす日本の信用をおとしめる大問題であるとした。総理秘書官まで関わっていたことが委員会質疑を通して明らかになり、この問題が実質賃金の低迷を否定したいがための操作ではないか疑念があるとも指摘した。

 また、安倍総理の鳴り物入りで決まったキャッシュレス決済によるポイント還元は、消費者にも中小規模事業者にも「複雑で不公平」だと述べ、審議を通じて経済政策でも多くの問題が明らかになったため、予算を撤回して出し直すべきだと主張した。

 討論終了後に採決が行われ、与党の賛成多数で2019年度政府予算は可決された。

渡辺周議員

階猛議員

西岡秀子議員

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。