記事

アニメの設定は無視して批判してもな 自衛官募集も大変だからな

自衛官募集ポスターが話題です。(「下着ではなくズボン」 ちら見え、自衛官募集ポスターに批判
>大阪大の牟田和恵教授(ジェンダー論)の話 自衛隊が性的なメッセージを含んだ幼い女の子を使っているのが問題。表現の自由とは関係なく、公的な組織が国際的には児童ポルノとみなされ得るようなものを肯定することになる。
まあ自衛官募集のポスターにこのようなアニメがふさわしいかどうかは色々議論あると思いますが
>ズボンとの主張には苦笑しかない。
の部分は少し変かなと感じます。

正直全くこのアニメは知りませんが、この募集ポスターは人気メディアミックス作品「ストライクウィッチーズ」の総合プロジェクト「ワールドウィッチーズ」シリーズとコラボしたものらしく、連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」の宮藤芳佳と服部静夏、第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」の雁淵ひかりの3人が青空をバックにポーズをとっているのだそうです。(全くなんのこっちゃw)

ただこの作品のキャラクターは、下半身に下着や水着のようなボディスーツを着用している設定らしく、「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」がそれこそこのアニメのキャッチフレーズだそうです。
自衛官募集ポスターに「性的」と批判の声 「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」を地で行く)より

ならば一つの作品として考え、少なくとも児童ポルノは言い過ぎでは。

批判するならその作品の成り立ちぐらいはちゃんと確認しませんか。自分には認められない。だから批判するでは、このあいだの会田誠さんと同じとばっちり感がたまりません。

正直人を集めるためにあの手この手を使ってる自衛隊にそこまで制限かけなくてもとは思います。地連で一緒に採用の仕事をした自衛官達を思うと身内に甘いという批判はお受けします。

あわせて読みたい

「児童ポルノ禁止法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブルゾンちえみ 卒業真意明かす

    たかまつなな

  2. 2

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  3. 3

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  4. 4

    大東駿介 妻と子3人の存在を告白

    NEWSポストセブン

  5. 5

    徴用工めぐり韓国が資産現金化へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    防衛医大で女子学生のレイプ騒動

    文春オンライン

  7. 7

    日本に社会主義が根付かない背景

    SYNODOS

  8. 8

    米が中国旅客機の乗り入れ禁止へ

    ロイター

  9. 9

    植松死刑囚が風俗嬢に残した言葉

    篠田博之

  10. 10

    電通再委託 談合まがいの疑いも

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。