記事

iPhoneに真っ向勝負挑むGoogleスマホ 廉価版登場への期待値

【Google純正スマホの「Pixel 3/Pixel 3 XL」(写真/時事通信フォト)】

 グーグルが昨年10月より発売しているスマートフォンの「Google Pixel 3」と大きな画面の「Google Pixel 3 XL」は、当初、対iPhoneの本命とも目されていたが、今のところiPhoneの牙城を崩すまでには至っていない。だが、早くもPixelシリーズの廉価版が出るとの情報が駆けめぐり、俄然注目度が高まっている。経済ジャーナリストの河野圭祐氏が“グーグルスマホ”の可能性についてレポートする。

 * * *

 Pixelはグーグル純正スマホの名称だが、すぐにはピンと来ない人が大多数かもしれない。初めて市場投入したのは2016年だったが、同年と2017年は日本では販売されず、ようやく第3世代のPixel 3/Pixel 3 XLが日本にお目見えしたのは、まだ昨秋だからだ。SIMフリー端末のほか、通信キャリアではNTTドコモとソフトバンクが扱っているが、「売れない」と判断したのか、それとも他の理由でかKDDIでは扱っていない。

 実際、Pixelは商業的に成功したとは言えない。何よりも、価格が高いからだ。

 価格レンジはおおよそ9万円~13万円。グーグルは、アンドロイドOSを搭載した低中価格帯端末は中国のファーウェイや台湾のエイスースなどに任せ、純正スマホは、ライバルであるアップルのiPhoneと真っ向勝負を挑む高価格帯に戦略変更した。その起点が、2016年から投入したPixelだった。

 Pixel名のグーグル純正スマホは、2015年まではNexusと名乗っていた。その名称が日本でもそこそこ浸透したのは、2012年に登場したタブレットのNexus 7(生産はエイスース)と、翌2013年に出たスマホのNexus 5(生産は韓国のLG)以降のこと。両機種とも平均以上のスペックを持ちながら、当時としては低価格で登場、格安SIMカードやSIMフリー端末の黎明期とも重なって、それなりの販売実績を収めた。

 Nexusのスマホに関して言えば、2014年に出した6インチのNexus 6(生産は中国のモトローラ)でかなり価格が上がり、2015年は中価格帯で5.2インチのNexus 5X(同LG)、高価格帯で5.7インチのNexus 6P(同ファーウェイ)と2機種を出したが、いずれも販売的には不発に終わった。そこで、2016年からPixelと名称を変え、iPhoneとの勝負に出たのだ。

 だが、スマホは年々コモディティ化の色彩を強め、デザインや機能面での差別化も限界に近づいてきたこと、それでいて価格は相対的に上昇傾向になったことも相まって、iPhoneでも販売が低迷し、アップルも売上げの下方修正に追い込まれている。

 そんな折、Pixel 3とPixel 3 XLに今年、廉価版機種が登場する見込みだという。

 日本で確実に発売されるかどうかは不明だが、毎年、iPhoneが9月、Pixelが10月あたりに新機種が登場するため、Pixelの廉価バージョンは年央の6月ぐらいまでには出るのではないか。廉価版といっても、従来のPixelよりは低価格というイメージで、価格レンジは5万円前後から8万円前後のレンジと目されている。

 それでも、純正スマホが欲しい人には朗報だ。グーグル純正スマホの利点は2つある。1つは、通信キャリアの端末やアンドロイドOS搭載端末を手がけるメーカー製によくある、不要で使わないアプリがプリインストールされていないこと。これは、素のアンドロイドなのだから当然だ。

 もう1つが、純正スマホは最新OS搭載端末で、OSアップデートやセキュリティアップデートが3年間、約束されていること。スマホでの決済などが年々増えている状況を鑑みれば、最新OSで2種類のアップデートが3年間保証されているのは心強い。

 iPhoneと違ってアンドロイド端末は様々なメーカーが手掛けており、独自機能も多く、いわばアンドロイドOSをカスタマイズしている。そのため、純正スマホに比べてどうしてもOSアップデートの時間が遅くなりがちで、しかもアップデート時期やアップデートの対象機種も、メーカーによってまちまちだ。

 強いて言えば、モトローラ製のスマホは、もともとグーグルがモトローラを買収し、後に中国のレノボに売却した経緯があるためか、素のアンドロイドに近く、OSアップデートの時期も比較的早いと言われてきた。が、それでもかつてのNexusやPixelのような純正スマホのアップデート時期よりは、ワンテンポ遅くなることが多い。

 だが、一方で現在のPixelになってからは端末価格が高過ぎて、庶民がおいそれと手を出せる価格ではなくなっていた。

 その点、今回の廉価版が日本でも発売されれば、それでも安いといえる価格帯ではないものの、OSが最新でセキュリティアップデートもしっかりあり、端末にその分の安心料が上乗せされたと思えば、やや高いという抵抗感も薄まるのではないか。

 現在、通信キャリアの月額料金の値下げもあって、格安スマホの勢いにはブレーキがかかる一方、秋には楽天が第4のキャリアとして参入予定など、今年はスマホ関連業界は何かと話題が多い。端末購入代金を割安にする代わりに毎月の通信料金を割高に設定してきた、従来の通信キャリアのモデルも転換点を迎えている。

 巷間言われている「分離プラン」が今後実現していくと、端末購入代金は相対的に上がり、その代わり月額料金が下がっていく傾向が強まる。その過程でグーグル純正スマホのPixel廉価版が登場すれば、意外に健闘するかもしれない。その際、Pixelを扱ってこなかったKDDI、あるいはそのKDDIと連携することになった楽天で扱うこともあり得るのではないか。

 また、スマホはバッテリーが3年も使えばへたって減りが早くなるので、3年サイクルぐらいで買い替える人たちにとっても、従来より価格が下がるPixel廉価版はウエルカムだ。

 さらにお得に購入したい人は、廉価版が出てから1年落ちぐらいの、値が下がったところで買うのもアリだ。1年落ちなら、前述した2種類のアップデートの残存期間が2年ある。3年で買い替えるとしても、OSは最新の1つ手前のバージョンだから、古臭さはない。

 1年落ちまでは待てないという人も、Pixel廉価版が出てしばらく経てば、ETOREN(イートレン)やEXPANSYS(エクスパンシス)といった、日本語や日本円にも対応した海外のスマホ通販サイトを使えば、通常よりも割安で購入できる可能性が高い。

 そんな折、NTTドコモでは早くもこの3月1日から、Pixel 3、Pixel 3 XLともにかなりの値下げに踏み切った。Pixelの第4世代が出るであろう秋になれば、廉価版ではない端末も従来に比べて一段と値下がりする可能性もあるから、そこで1年落ちの“正規版”購入を狙う選択肢も出てくるだろう。

 さらに、グーグルにとっても、あまり売れない高価格帯スマホでいつまでも勝負するのは得策ではない。Pixel廉価版の登場と前後して、AIスピーカーやスマートウォッチも発売されると目され、グーグル経済圏で囲い込んでいくためにも、自社の純正スマホの販売ボリュームは高めたいところだ。

 グーグルは台湾のスマホ大手、HTCからスマホ事業の一部を買収しており、純正スマホの生産面でもホンハイなどの台湾勢が支えている。政治的な摩擦の高まりやセキュリティ面の不安から、韓国のサムスンや中国のファーウェイのスマホは使いたくないという人も増えた昨今、アンドロイド端末をチョイスしたい人たちにとって、Pixel廉価版は有力な選択肢の1つになり得る。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  5. 5

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  6. 6

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  7. 7

    インク業者のキヤノン提訴に疑問

    自由人

  8. 8

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  9. 9

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  10. 10

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。