記事

国内初個展の香取慎吾「僕の絵は生きている。全部がアート」

【ルーブル美術館から凱旋帰国した香取慎吾(撮影/田中智久)】

「今、すごくブンブンブンしています!」。国内初個展が開催される「IHIステージアラウンド東京」を訪れた香取慎吾(42)は、まだ作品もなくお客さんもいない会場を見回し、笑顔を見せた。

【別写真】香取慎吾が初個展の会場でポーズ!

 BOUM!(ブン)とはフランス語で“ドキドキ”という心臓の鼓動のこと。

「ぼくは常にブンブンし続けてるんですよね。今日もよくわかんないままここに来て“うわー、個展の取材をしてくれるんだ”と思い、“どんな絵を飾ろうかな”と考えているうちに、またわからない明日が来ちゃう。もうブンブンの連続ですよ(笑い)」

 パリで初個展を開催したのが、2018年9月。今回はこのときの作品に加え、新作や10代のときに描いたものも展示される予定で、360度回転劇場での体感型アート展になるという。

 芸術、美術という意味を持つ“アート”だが、香取流に翻訳すると?

「生きる…ですかね。生きていると、常に変化があって、それがアートなんじゃないかな。ぼくの絵も生きているし、この会場も生きている。全部がアートなんだと思います」

 会場の入り口で香取の体の中に入り、出口で排出されるイメージだという、国内初個展。今からブンブンブンが止まりません!

SUNTORY ALL-FREE presents BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾 NIPPON初個展

日程:3月15日~6月16日

※休館日あり 全88日間

会場:IHIステージアラウンド東京

※女性セブン2019年3月14日号

あわせて読みたい

「香取慎吾」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  5. 5

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  6. 6

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  7. 7

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  10. 10

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。