記事

ベネズエラ問題に関する安保理でのやり取り

al arabiya net は、ロシアと中国が安保理で28日、米国の決議案に拒否権を行使し、これに反対のロシアの決議案は採択に必要な9票も獲得できなかったと報じています。

この話はベネズエラの問題で、ここでの主題の中東問題とは関連がありませんが、最近お国際情勢が米国のINF協定離脱とか冷戦の再来などと評されていて、冷戦時代は中東が米ソの主たる角逐の場の一つでしたので、悪夢の再来か?と言うことで、ベネズエラ問題の本質はともかく、28日の安保理の動きだけ次の通り。

中東でも勿論、米ソではなく、米ロの角逐があるようですが、現在のところトランプの戦略がシリア等からの撤退作戦と言う後ろ向きなもので、トランプ流の一国主義、大統領の一人芝居的外交で、米の中東に対する影響が低下しているように見えるのに対し、プーチンの政策は、冷戦時代の中東での米国の最大の同盟国のトルコやイスラエルまで取り込みつつある屋で、着実に点数を稼いで知る感じがします
従って、中東の問題に関心の集中している方は、以下は読み飛ばしてください。

・28日の安保理で、ロシア、中国が並んで米決議案に拒否権を行使したが、2国がそろっての拒否権行使は珍しい

・その他では南アフリカが反対票を投じ、赤道ギニア、象牙海岸、インドネシアが棄権し、9国(欧州、ラ米等)が賛成した

・他方、これに対抗するロシア決議案は9票も獲得できなかった(安保理の実質事項に関する決議案は、メンバー国15のうち、総ての常任理事国…米ロ英仏中国…を含む9国の賛成で成立する)

賛成したのはロシアと中国の他、南アフリカ、赤道ギニアだけの4国であった

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2019/03/01/فيتو-مزدوج-نادر-ضد-مشروع-قرار-أميركي-حول-فنزويلا.html

取り合えず以上ですが、米国は自らの決議案が成立に必要な9票をとったが、中ロの拒否権で成立しなかった反面、ロシアの決議案は中ロを除くと2票しか獲得しなかったということで、国際世論は我にあり!と言うことでいよいよ軍事介入に踏み切るのでしょうか?(などと書いていると、どことなく冷戦時代を思い出しますが、なんだか物騒な世の中になってきました。勿論昨日書いた核保有国インドとパキスタンのの対立、北朝鮮の核問題等、どうやら今年の国際情勢は剣呑な状況が続きそうです)

あわせて読みたい

「ベネズエラ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。