記事

「平昌オリンピック」開催地域が5年で大幅人口減、その原因は?

五輪開催時のメディア村(江陵)

 日本が冬季オリンピック史上最多13個のメダル獲得や「南北統一コリア」などの話題で大きな注目を集めた「平昌オリンピック」。

 昨年2月1日に開幕し、2月25日に閉幕した冬の祭典が、先日、閉幕から1年を迎えた。そんな日に平昌には悲しいニュースが流れた――。

 韓国メディア「江陵ニュース」2月25日の報道によると、2024年には五輪が開催された平昌郡や江陵市を含む地域「江原道」の学生と学校が大幅に減少するというのだ。

 江原研究院の発表によると、韓国全域と比較して江原道では5年以内に2万3000人の学生が減少、170カ所以上の学校が消滅するという。

 五輪開催から早6年で、歴史的イベントが開催された地域が、大規模な「地方消滅」危機に瀕する。

「まあ、あの地域では無理もないでしょう」

 こう話すのは、五輪当時現地で取材をしたある記者だ。彼が続ける。

「雪もそれほど降らず、気温も低くてマイナス10度ほどですが、風が強すぎる。五輪のときも毎日、台風のような風が吹いて、体感温度はマイナス20度からマイナス30度なんて言われていました。

 そんな環境で何よりも気になったのが、“揺れ” です。メディアや選手が宿泊した施設は30階建てほどのマンション。それが風によって揺れるんです。日本のビルと違って、かなり細身の造りなので怖かったですね。いまは民間に分譲されて一般住民が暮らしているそうですよ」

 2月1日からツアーバスの無料運営を実施するなど、観光客の呼びこみに躍起になっているオリンピックの旧会場地域。だが、五輪のレガシーは負の遺産として大きくのしかかっている。

「もぐもぐタイム」が日本中を席巻したカーリングの会場は現在、一般人もカーリング体験をおこなえる施設になり、フィギュアスケートやショートトラックがおこなわれた「江陵アイスアリーナ」は、コンサート会場として利用されている。

 だが、スピードスケートの会場やアイスホッケーの会場では、年間20億ウォン(約2億円)ほどの運営費がかかるとみられ、活用法が見つからない状態だ。

 スピードスケート会場は「冷凍倉庫として使用したい」という提案さえあったという。「Passion.Connected.(ひとつになった情熱)」のテーマで開催されたオリンピックだったが、情熱を保つのは難しいようだ。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  4. 4

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。