記事

【アカデミー賞悲喜こもごも】

24日のアカデミー賞の結果をめぐり、分析の記事が相次いでいます。作品賞を取ったGreen Bookは1962年のニューヨークから米南部に自動車で向かう黒人アーティスト(俳優はMahershala Ali)と白人運転手(Viggo Mortensen)の話ですが、「白人が黒人を救う」という内容が浅く、ステレオタイプを助長するという批判が出ています。

また最有力候補とも言われていたRomaが受賞を逃したのは大手の老舗スタジオではなく、新参者の動画配信大手のネットフリックスの製作だったから、という見方も。



アカデミー賞のお膝元のLos Angeles Timesは、「アカデミー賞は終わった。作品賞にグリーンブックを選出するとは」と嘆いています。

「女王陛下のお気に入り」は10のノミネーションを受けながらオリビア・コルマンが主演女優賞を取ったのみだった一方で、やはり10のノミネーションを受けた「ローマ」は、外国語映画賞、監督賞、撮影賞の3つを受賞し、アルフォンソ・キュアロン監督が3回舞台でオスカー賞を手にしたいうことです。

作品賞は「ローマ」がとるべきだったのに「グリーンブック」が取ったことに対して、「意見が割れるものだ」と解説。

New York Timesは、やはり「ローマ」が作品賞を取るべきだったとしつつ、「作品賞にノミネートされた8つの作品はどれも少なくても1つの賞を得た」と指摘。スピルバーグ監督が後押しした「グリーンブック」は、主演のViggo Mortensenが人種差別的なことを言ったり脚本家がイスラム教徒批判したツイートを削除したり、問題も多かったということです。

The Economistは、「グリーンブックは白人に守ってもらえれば黒人は心配することはないと言いたいようだ」と痛烈に批判。

1970年代のコロラドで、黒人の警察官が白人の警察官とともに白人至上主義のKKKに挑むという、Spike Lee監督のBlackKKlansmanも「黒人と白人の友情がはぐくまれる様子を描いている点では変わりない」と分析しています。

しかし、「ブラック・クランズマン」が2017年にバージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者が抗議集会に車で突入した事件の映像を使って人種差別が終わっていないことを示唆したのに対して、「グリーンブック」は、人種差別は過去のものだという見方を示しているということです。

Forbesは人気の高かった「ローマ」ではなく「グリーンブック」が作品賞を取ったのは、「グリーンブック」の製作が大手で老舗のUniversal/Comcast, DreamWorks SKGだったのに対して「ローマ」が新興の動画配信大手のネットフリックスだったからだと示唆しています。

「ローマ」はネットフリックスの独自作品で、基本は動画配信で興行収入を明らかにしていないものの、一部の映画館では公開してアカデミー賞事務局に友好的な姿勢を示したということです。

アカデミー賞授賞式のコマーシャルとして、ネットフリックスは次期作品のIrishman(ロバート・デニーロ、アル・パチーノ主演)の予告編を上映し、来年のアカデミー賞でも作品賞を狙う姿勢を打ち出したとしています。

8つの作品賞候補のうち、「グリーンブック」がもっとも安全で伝統的な作品で、Black Pantherのようにコミック作品でも、Star is Bornのようにリメイクでもなく、The Favouriteのように宮廷のエロチックな作品でもないとしています。

あわせて読みたい

「アカデミー賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「表現の自由」異論否定の根拠に

    島村優

  2. 2

    不振のいきステに今行くべき理由

    内藤忍

  3. 3

    安倍首相は潔白証明に明細書示せ

    大串博志

  4. 4

    韓国 GSOMIA維持は日本の譲歩で

    ロイター

  5. 5

    壇蜜結婚に「ロス」連呼はやめよ

    常見陽平

  6. 6

    ケンタッキー「安い」で劇的回復

    PRESIDENT Online

  7. 7

    代役は川口春奈「別に」の過去

    女性自身

  8. 8

    玉木氏 森議員の情報漏えい謝罪

    玉木雄一郎

  9. 9

    高学歴官僚に見下される大臣3名

    NEWSポストセブン

  10. 10

    GSOMIA失効を諦めるのはまだ早い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。