記事

難関中学が合否をウェブで発表しない理由

2/2

■開成、麻布、筑駒の合格発表現場の「歓喜と落胆」

▼2月3日日曜 13:00@開成


2月3日は難関男子校の合格発表が重なっている。昼すぎの12:15。JR山手線・西日暮里駅からすぐの開成(荒川区)へ。東京大学の合格者数で37年連続1位の名門だ。発表の瞬間まで小一時間あるので、大手の塾関係者と報道陣くらいしかいない。

12:30、親子がぞろぞろやってくる。この日は日曜だったので父親の参加率が高い。祖父母の姿も見うけられる。ある父親が息子に「あの入り口のオブジェは、この角度からみると『門』という文字になっているんだよ」と説明していたので、確認したら本当だった。開成OBの父か、開成マニアの父か、どちらかだろう。


12:45、掲示前は黒山の人だかり。筆者と同じように集団に入らず遠巻きで見ている母子が数組。来年の受験に備えて、予行練習をしているようだった。ある子が母親に言っていた。「ママ、ここの中学に入れたら、もう塾行かなくていいんでしょ?」。母は息子の発言が予期せぬものだったのか、無反応。本当は「いいえ、今度は東大合格を目指して、鉄緑会という塾へ通うのよ」と言いたかったかもしれないが……。

12:52、まだ発表時刻13:00にならないのに、「よっしゃ」という父親の声が聞こえた。どうやら最初の1枚がはられたらしい。開成は、合計で6枚。全部はられるまでタイムラグがある。しかし、他校と同じように大騒ぎをする人はいない。塾の友達などが不合格かもしれないので、配慮して大声を出さないのだ。13:12、すでにあたりは落ち着いてきた。

筆者は現地で偶然ママ友に会った。下の息子さんが受験したのだが、結果は不合格。その場合でも、塾の先生に結果を伝える決まりになっているらしいのだが、息子さんは「行きたくない」と下を向いていた。合格者が記念撮影のために続々と集まる中、わざわざ生徒に不合格を伝えさせるというのはあまりに酷ではないか。

▼2月3日日曜 15:00@麻布


次は開成と並ぶ男子御三家、麻布(港区)だ。14:40に到着。案内には「15:00から中庭にて掲示」と書いてあったが、到着時にはすでに貼られていた。麻布には報道陣がほとんどきていないので静かだ。塾からきたスーツ姿のスタッフが嬉々として合格した子を撮影している。

▼2月5日火曜 15:00@筑波大学付属駒場中


2月5日は開成と並ぶ最難関校として知られる国立の男子校、筑波大学附属駒場(世田谷区)だ。14:15、発表時刻の45分も前にもかかわらず4、5組の親子がいた。見たところ、「合格の自信あり」といった雰囲気。5校目ともなると塾の顔ぶれも一緒。14:50、予定より10分早く番号が貼られた。

数百人の合格者を出す私立と異なり、ここは139人。だから、紙は1枚だけ。近くにいたお父さんが、合計何人か数えて「例年と一緒だね」と。合格者数の少なさに「これはすごいね」と苦笑いしながら帰る親子。おそらくチャレンジ校として受験し、不合格だったのだろう。他の不合格の親子も落ちこみはさほど大きくない様子だった。開成などほかの学校に合格している子も多いのだろう。

 

■掲示板のみで発表をするのは「学校の宣伝のため」

5校の合格発表を見て、この5校はなぜ掲示板のみの発表にこだわっているのか、と思った。この数年で、ウェブと掲示板の両方で合格発表する学校が増えているからだ。

確かに、2月の寒空の下、掲示板で受験番号を見つけた瞬間の感動はひとしおに違いない。だが、そこには不合格者もいる。そのことを思うと、掲示板発表は残酷だ。親はともかく、小学6年生の子供にはつらいのではないか。

各校にはメディアや大手塾のカメラマンが殺到した

なぜ掲示板の前に親子を集めるのか。桜蔭に問い合わせたところ、「試験は2月1日の1回のみで、合格発表日に、合格者の皆さんに合格証や入学手続きの各種書類も直接お渡ししています。また、その場で制服の採寸をすることも可能です」(教務課)との回答だった。とはいえ、ウェブでチェックした合格者だけ学校にいけばいいだけである。

私立中学の合格発表では、ウェブを使うこと主流になりつつあり、いまや掲示板に貼り出すほうが珍しいという。ある進学塾の代表は「合格番号を貼りだすことで、メディアを集め、学校の宣伝につなげたいという狙いがあるのかもしれない」といぶかる。

■「合格者の動画」は大手塾の新規生徒募集のPRに使われる

今回の取材では「掲示板発表」が商業利用されていることもわかった。筑駒の発表の際、ある大手塾が、合格した生徒をつかまえて「合格した瞬間の動画をとりたいから、初めて見た感じで演じて!」と頼んでいたのを目撃した。この映像はいったい誰のためのものだろう。少なくとも合格した家族のためのものではない。

掲示板発表がなくなったら一番困るのは大手の塾だ。この映像が、この新規塾生の入塾説明会で編集されて使われる。そのため、例年、説明会で「感動ビデオを見て涙するお母さん続出」となるのだ。それも、私が目撃したような「ヤラセ映像」を見て、その気になる可能性もある。中学受験のための平均的な塾費用は300万円。子供が勉強をやる気になればラッキーだが、そうでなかったら金をドブに捨てることになる。

塾選びは難しい。どんな基準で選べばいいかわからないという人は多い。となると、塾選びの決め手となりがちなのは「数字」だ。受験が終わった2月半ば以降、大手塾がCMや広告、ウェブページで「開成合格者100人」などと打ち出す人数を見て「ここはいい塾だ」と判断してしまうことがある。

そうやって説明会に行けば、塾が合格発表の場にカメラマンを投入して作り込んだ「合格感動ストーリー動画」を見ることになる。そしてほとんどの親はメロメロになる。これは危ない。塾選びは、塾と子供の相性や教育投資のコストパフォーマンスを熟考した上で行ってほしい。

(ジャーナリスト(受験・教育・働き方) 末木 佐知)

あわせて読みたい

「受験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  3. 3

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    医師が日本のワクチン報道に嘆き

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  6. 6

    バイデン氏 15の大統領令署名へ

    ロイター

  7. 7

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  8. 8

    荒れるYahooコメ欄 仕方ないのか

    たかまつなな

  9. 9

    五輪中止なら湾岸タワマン暴落か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    時短応じぬ外食大手に賛同 なぜ?

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。