記事

28日の予算案採決「ありえない」と辻元国対委員長


 立憲民主党は27日、衆院の国対役員・筆頭理事合同会議を国会内で開催しました。

 辻元清美国会対策委員長は冒頭のあいさつで、自民党が28日の予算案の衆院通過を目指す方針を示していることに対し、「絶対に認められない。(18年の)実質賃金がプラスなのかマイナスなのかさえも公表なされないなかでの予算案の採決はありえない」と指弾しました。

 また、厚生労働省の「毎月勤労統計」不正調査問題で、再調査を行った厚労省の特別監察委員会(委員長・樋口美雄労働政策研究・研修機構理事長)が同日午前公表した追加報告書にも言及。

同報告書では、「意図的に隠したとまでは認められず、『隠蔽(いんぺい)行為』があったとはいえない」「省幹部レベルでは組織的隠蔽と評価することも、非難すべき組織としての独自の判断が行われたとも認められない」などとあることから、辻元国対委員長は、「前よりひどい(内容)。予算の採決の前に形だけこういうものを出して通過させようという意図が見え見えだ。

統計不正の話だけでなく、官邸の秘書官までもが関与し、統計の手法を変更しアベノミクスをかさ上げしていたという疑いまで問題は拡大してきている。

秘書官、官邸ぐるみではないかとの指摘もあるなか、そのことには一切触れていない。名ばかりどころか名も実もない特別委員会の報告書で認めるわけにはいかない」と断じました。

 同日夜に開催予定の米朝首脳会談については、「安倍総理は蚊帳の外のさらに外ではないか。トランプ大統領にすがるしかないような外交は恥ずかしくないのか。国際社会から統計は信用されず、外交も蚊帳の外。日本の国際的評価が安倍政権によってどんどん下がっているのはないかとの懸念を持っている。こうしたさまざまな問題についてさらに充実した審議を行っていきたい」との旨述べました。

【厚労省】毎月勤労統計調査を巡る不適切な取扱いに係る事実関係とその評価等に関する追加報告書.pdf

【厚労省】毎月勤労統計調査等に関する特別監察委員会追加報告概要.pdf

あわせて読みたい

「辻元清美」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。