記事

金融緩和だけでは物価目標実現に時間、財政との連携必要=片岡日銀委員


[高松市 27日 ロイター] - 日銀の片岡剛士審議委員は27日、高松市で会見し、物価2%目標の早期実現は日銀による金融緩和政策だけでは時間がかかると述べ、財政政策との連携が必要だと主張した。早期実現に向け、さらなる大胆な金融緩和の必要性も訴えた。

片岡委員は、午前の講演で「デフレからの完全脱却を目指すうえでは、財政・金融政策のさらなる連携を図る工夫を講じる」ことが重要と語った。

この「財政と金融の連携」の具体策について問われ、「アベノミクスのもとで、金融・財政・成長戦略の3本の矢でデフレからの脱却にまい進していく方針は変わっていないと認識している」とし、「物価安定目標を早期に達成するために、何をやっていくかという視点で財政との連携をより考えていく余地があるのではないか」と語った。

そのうえで、物価目標の実現に距離がある現状で、インフレ期待を2%にアンカーさせることは「金融緩和そのものだけでは、なかなか難しい」と指摘。一般論としながら、「金融緩和だけを行って財政を緊縮していく形では、物価安定目標の達成には非常に長期間かかる」との見解を示し、「出来る限り早期に目標を達成していくということであれば、財政も金融も両面から息を合わせていくことが必要だ」と強調した。

物価目標の実現が遠い中で、金融緩和強化の必要性もあらためて主張。手段としての金融緩和に加え、物価目標実現に向けた日銀のコミットメントに対する信認を高めることで「予想インフレ率そのものに働きかけていく工夫が必要」とし、物価目標の実現まで「金融緩和をやり抜くことが重要だ」と訴えた。

追加緩和によって金融仲介機能への影響など副作用も拡大する可能性があるが、現在の金融緩和を粘り強く続けていく姿勢では「そのスタンスを続けることが自己実現的に緩和とデフレからの脱却を長期化させ、結果的に地方の金融機関を含めた副作用も累積していくことに繋がる」と指摘。「そうした状況はやめるべきだ」とし、「より早いタイミングでデフレから脱却し、正常化を進めるには、今大胆なことをもっとやるべきではないか」と語った。

*内容を追加しました。

(伊藤純夫)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    団塊ジュニア世代が熱狂したとんねるず テレビで復活の日は来るか

    宇佐美典也

    09月15日 12:00

  4. 4

    ホワイトハウスで大統領と不倫した女、20年たって億万長者に

    SmartFLASH

    09月15日 12:01

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    「アメリカ型ビジネスエリート」が強引にすべてをリードする時代の終焉が、高市氏待望の空気に繋がっている。

    倉本圭造

    09月15日 09:53

  7. 7

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  8. 8

    「オンライン授業を出席扱いにせよ」時代に逆行する文科省の方針に維新提言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月16日 08:27

  9. 9

    「横浜市大への不当圧力」が、山中市長にとっても重大問題である理由

    郷原信郎

    09月15日 14:17

  10. 10

    小学館『Domani』サイト掲載記事への抗議 意識高い系をめぐって

    常見陽平

    09月15日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。