記事

金あまりの張りぼて景気

すこしずつ変調が見られるようになってきた。 お金をダブダブに供給して、バブル景気を煽ってきたが、そのあたりに変調がだ。

先ずは、昨年末に株価がドカンーと下がった。 その後、戻しに入っているものの、おっかなびっくりの投資姿勢が続いている。

次に、あちこちでうわさされだしたのが、不動産取引が鈍りマンションの売れ行きにもブレーキがかかってきたとか。

日銀が相も変わらず大量の資金供給を続けていることもあって、表面的には戦後最長の景気拡大を更新中。

しかし、その実感はない。 景気は拡大している、人不足で労働者賃金も上昇に転じてきたとかいわれても、どこか遠くの話のように響くだけ。

政府日銀はお金を大量にばら撒いて、張りぼての景気をつくってきたが、実体経済は低調のままだ。

その間に、国の借金は1100兆円に近づいてきた。 日銀の国債保有は450兆円前後と、総発行額の半分に及ぼうとしている。

恐ろしく質の悪い景気拡大であり、将来にとんでもないツケがまわってくるのは避けようがない。

ところが、政府はもちろんアベノミクスを自画自賛するばかりだし、マスコミの論調もアベノミクスに賛辞を送り続けている。

このままいくと、ぬるま湯に浸かったままユデガエルになってしまうのだろう。 それがいやなら、動物的な感覚を取り戻すしかない。

動物的な感覚? そう、自己防衛だ。 国に頼ることなく、自分でできることをさっさとやっていこう。

その最たるのものが、長期投資である。 張りぼての景気拡大も、実質所得の伸び悩みも、みな経済問題である。

ならば、自分も頑張って働くが、お金にも働いてもらうことだ。 長期投資で企業を応援していけば、生活を守ることにも直結する。

また、生活者にとって大事な企業の株主になっておくことが、財産の置き場所として一番安全である。

しっかりと長期投資に舵を切っておいた人と、なにもしなかった人たちとの間には、とんでもない差がつくのは避けられまい。

その時になって、さわかみファンドの存在に気づいてもらっても構わないが、できるならいまのうちに乗船しておいてもらいたいものだ。

あわせて読みたい

「景気」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。