記事

統計不正……どのような特別監察委員会の報告書となるのか

厚労省の統計不正に関して、その背景等を明らかにするための厚労省特別監察委員会がまもなく報告書を出すのではないかとの報道があります。

その真偽はわかりません。ただ、もしこの報告書なるものが出てくるのであれば、先月の中間報告からさらに一歩踏み込んだ検証が必要です。

中間報告の時から異なるのは、特に2点。そのひとつはまず、「総理官邸の関与」です。この数週間で、30年1月の毎月勤労統計の手法変更に関しては、官邸の関与があったのか、という論点が浮かび上がってきました。国会でも審議が続いていますが、特別監察委員会でも検証が行われてしかるべきです。

もう一点は、遡及改訂を伴わないで導入されたベンチマーク更新(統計上のウエイトの変更)です。これも中間報告の時には明らかになっていませんでしたが、その後の国会審議の中で、30年1月の統計手法変更による賃金数値上振れに関して、極めて大きな要素となっいていたことが明らかになりました。したがって、なぜ、遡及改訂を伴わないベンチマーク更新を行なったのかについての背景を明らかにする必要があります。

これらの点にきちんと踏み込んだ特別監察委員会報告になるのか。私たちもしっかり検証していきたいと思います。

あわせて読みたい

「厚労省の勤労統計不正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  9. 9

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  10. 10

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。